レッズが全勝で後半戦へ/豪州ラグビー通信

豪州ラグビー通信
レッズが全勝で後半戦へ

 スーパー・ラグビーAUは前半戦を終え、これまで4戦全勝で首位を走るのはレッズ。開幕よりホームでの2連戦をきっちり白星で飾り、勢いをつかむと、第4節ではアウェーで昨年王者のブランビーズに逆転勝利。一気に今シーズンの主役に名乗りを上げた。

 1敗で追いかける立場となったブランビーズは、開幕からの4連戦を終え、第5節のBYEの後、後半戦へ。連覇に向けて早々に首位を奪回したいところだ。

 2勝2敗の五分で折り返したのはレベルズ。上位2チームとのゲームは、いずれも3点差以内の惜敗だった。W杯メンバーも残り、タレントのそろうチームだが、勝ち切れない。勝敗の重みが増す後半戦では、これを払拭するような快進撃に期待したい。

 昨シーズンよりスーパー・ラグビーに復帰したウエスタン・フォースは、第3節で2017年以来の勝利を収めたが、1勝3敗で4位に着けている。パフォーマンスは試合ごとに向上し、上位チームからも更に警戒されるチームとなり、残りのゲームも非常に楽しみだ。

ワラタスの鍵を握るジャック・マドックス(左)
ワラタスの鍵を握るジャック・マドックス(左)

 そして、予想以上に苦戦が続いているのは、ワラタス。これまで4戦全敗と厳しいシーズンを過ごしているが、若手選手を多く起用し、将来的に活躍する選手を育てている意味では、明るい話題がないわけでもない。NZ、南アも参加していた、フルフォーマットのスーパー・ラグビーで最後に優勝した豪州勢は、2014年のワラタスだ。新型コロナウイルスが収束し、国境が再開した後には、他国クラブにも競り勝てるチームとなり、あの時のような強い姿をもう一度見てみたい。

解説者

YASU

「一度きりの人生、楽しまなきゃソンソン」という感じで、好きなラグビーを楽しむため、約10年間勤務した会社を退職し来豪。ローカルのクラブで10年以上プレーし、もはやラグビーが文化として根付いているこの国から動けなくなっている。日本ももうすぐこうなるかな? 大の犬好き。

 Sunday Footy!!

毎週日曜日(10:30~12:30)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さん是非お気軽にご参加下さい!Yasu 0412-553-535

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る