ブルーズが優勝! SRトランス-タスマン/豪州ラグビー通信

豪州ラグビー通信
ブルーズが優勝! SRトランス-タスマン

最終節で奮闘のワラタス、ジャック・デンプシー
最終節で奮闘のワラタス、ジャック・デンプシー

 「スーパー・ラグビー(SR)トランス-タスマン」の決勝が6月19日に行われ、ブルーズがハイランダーズを23-15で下し、同タイトルの初代王者となった。

 レギュラー・シーズンではブルーズ、ハイランダーズ、クルセイダースのNZ勢3チームが豪州勢に5戦5勝。勝ち点で並んだことから、得失点差により順位が決定。SR連覇中のクルセイダース(3位)は、決勝進出を逃した。

 首位となり、決勝戦でのホーム・アドバンテージを得たのはブルーズ。その試合では、ハイランダーズがPGで先制するも、ブルーズがトライで逆転。決勝戦に相応しい、僅差の展開が続いた。後半に1度ハイランダーズがリードを奪うが、PG、トライで突き放したブルーズが逃げ切り、2003年にSRを制して以来、18年ぶりのタイトルを獲得した。

 ハイランダーズでは、「SRアオテアロア」で新人賞に輝いた日本代表、姫野和樹(No.8)が先発で出場。終始体を張り、高いパフォーマンスを見せたが、惜しくも栄冠を手にすることはできなかった。

試練が続いた豪州勢

 第3節でレッズがチーフス(NZ)に勝ち、それが豪州勢の初勝利となったが、この時点で、残り2試合をボーナス・ポイントも得て勝ったとしても、上位のNZ勢に追い付くことができなかったことから、早々にプレーオフ争いから離脱することになってしまった。第4節ではブランビーズがハリケーンズ(NZ)に競り勝ったが、豪州勢の勝ち星はこの2勝だけ。NZ勢との力の差が明らかとなる大会となった。

解説者

YASU

「一度きりの人生、楽しまなきゃソンソン」という感じで、好きなラグビーを楽しむため、約10年間勤務した会社を退職し来豪。ローカルのクラブで10年以上プレーし、もはやラグビーが文化として根付いているこの国から動けなくなっている。日本ももうすぐこうなるかな? 大の犬好き。

 Sunday Footy!!

毎週日曜日(10:30~12:30)、フィッシュ・マーケット近くのウェントワース・パークでは、ラグビー好きの老若男女が集まりタッチ・ラグビーを楽しんでいます。初心者も大歓迎、皆さん是非お気軽にご参加下さい!Yasu 0412-553-535

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る