何もしないと損をする?

FPキョウコの
暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

何もしないと損をする?

日本人の多くが投資に対して保守的で、ほとんどの人が銀行にお金を置いています。私の親世代は、銀行に10年お金を預けておけば金額が倍になったと言っていました。物価は高く、利率は低い現在のオーストラリアの経済状況と、日本で親が経験してきたこととはかなりの違いがあります。

オーストラリアに長年住んでいる人は、どんどん家の値段が上がっていくのを見てきています。「買っておけば良かった」と思う人も多いのではないでしょうか?

そうした中、自分の家を購入した人は早くに支払いを済ませていくのがお薦めです。オーストラリアのホーム・ローンは、最初の15年に銀行へ支払う利子が多く詰め込まれているので、なるべく早く返すのが良いでしょう。しかし、「自分の住みたい家の購入に手が出ない」という人は、資産作りと将来へのセキュリティーを固めておきたいですよね。

まず、知っておいて欲しいのは何もしないことのリスクです。お金を銀行に置いておくことは、金利の低い世の中では危ないことです。元本割れはしませんが、インフレが2パーセントだとしたら、お金の価値はどんどん下がっていることになります。

インフレの怖いところは、私たちの気付かない間に少しずつ上がっていることです。例えば、20年前は20ドルで1週間分の買い物ができたのが、今では洗剤やトイレットペーパーを買うとすぐに20ドル程になってしまいます。また、2.5パーセントのインフレでは、現在3ドルのミルクが30年後には倍の6ドルになっています。現在1,000ドルの価値が10年後には下がっていることになります。

意識が薄く、この状況に気付かないで過ごしていると、お金の価値が下がっていることに何の対策も持たないまま、将来、特に老後を向かえ困ることになります。

逆に、大きなリスクを負わなくても5~6パーセントのリターンを毎年積み立てているとどうでしょうか? 複利の原理を使ってみましょう。1万ドルの元本を投資し、毎月100ドルずつ積み立てます。5パーセントの利率では30年後には12万2,946ドルになっています。元本の1万ドルと積み立てた3万6,000ドルの上に7万6,946ドルの利子が支払われることになります。これが6パーセントだと15万2,305ドルになるのです。

これは最小限のリスクで出せる結果です。自分の状況に合わせて、着実に資産を増やしていく手段を専門家に相談しましょう。きっと良かったと思う結果が得られると思いますよ。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー/モーゲージ・ブローカー。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る