リッチな子どもを育てる方法

FPキョウコの
暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

リッチな子どもを育てる方法

私の2歳の息子は貯金箱を2つ持っています。オーストラリアはカード社会ですが、実際のコインやお札を触りお金だと認識させることは早く始めるようにしました。最近では美容院やショッピングに行くと、自分でお金を払ってお礼を言うことを教えています。

子どもはよく観察しているので、親の話すことやお金の使い方を吸収しています。金銭的ストレスのない生活には誰もが憧れますが、子どもにはもっと豊かな生活をして欲しいと親なら誰でも思うのではないでしょうか?

親が子どもにどのように金銭感覚を教えることができるか、考えてみましょう。

まず子どもに教える前に、夫婦の間でどのようにやり繰りするのかをはっきりさせないといけません。お互いのお金に対するパーソナリティーを把握し、責任の分担、お金のフローをどのように管理するのか、ジョイント口座を作るのか、それぞれ管理して支出と貯金を一緒にするのかなどを話し合います。

お金の問題のほとんどは、感覚や価値観の違い、十分な話し合いがないために発生するので、夫婦間でコミュニケーションが取れる関係を作りましょう。

子どもにも、ライフスタイルの選択やお金に関わる決断などを話していきましょう。ホリデーや誕生日、クリスマスなどイベントの時だけではなく、毎日が子どもにとって学習のチャンスです。物の価値や価格、どのように商品を選ぶのか、なぜその商品を選んだのか、などを話しながらショッピングしてみましょう。いつも使っている銀行や航空会社の株を買うこともでき、自分でビジネスを始めることもできるなど、ポジティブで有益な会話をします。

お小遣いをあげるなら、プランやゴールを立てることの大切さも教えてあげましょう。ビジネスを始めるよう背中を押してあげるのも良いですね。私は小さいころ、お花を摘んで道端で売っていたそうですが、子どもができる小さなビジネス、芝刈り、犬の散歩、ベビーシッターをすることで経済やカスタマー・サービス、ビジネスの仕組みなどが分かるようになります。これからは会社員にはならず、フリーランスや自分でビジネスを始める人も増えると思います。

早いうちから、お金の価値、責任感、コミットメント、協調性などを教えてください。また、週10ドルで良いので貯金をして、複利の原理でお金が増えるのを見てみましょう。子どもの一番の強みは時間があることです。子どもと一緒にお金を増やしていきましょう。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー/モーゲージ・ブローカー。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る