バケット・リストを作ってみよう

FPキョウコの
暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

バケット・リストを作ってみよう

バケット・リスト(Bucket List)という言葉を聞いたことがありますか? 死ぬ前までにしたいことを書いたリストのことで、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが出演した『ザ・バケット・リスト/最高の人生の見つけ方』という映画もありました。リストには自分のやりたいことを書き出します。「涙が出るまで笑う」「ミリオンダラーを稼ぐ」「見知らぬ人を助ける」「スカイダイビングをする」「世界一すてきな女性とキスをする」などさまざまです。

こんなリストを作るのに意味はあるのでしょうか?

人生は自分が作っていくものですよね。勉強や子育て、仕事に追われているとあっという間に時間は過ぎていきます。しかし自分の人生を振り返って、記憶に深く残っている瞬間はどんな時ですか? 恋人との初めてのデート、受験の合格発表、初めての海外旅行、勇気を持って飛んだバンジー・ジャンプ、オーストラリアに移住した時の空港での家族と友達からの見送り、マラソンのゴールの瞬間、赤ちゃんの寝顔を見ている瞬間など、大小いろいろあると思いますが、なあなあと過ごした毎日がすごく思い出に残っていることはあまりないのではないでしょうか?

人生が充実していると感じるためには、感情は付きものです。心に深く感じる、記憶に残るためにはいろいろなことを見て、触って、感じて……ということが必要になります。ですから、ぜひバケット・リストを今日作ってみましょう。忘れていた夢や目標を思い出すかもしれません。そしてリストを現実化していくために行動してください。リサーチして、タイミングを決めて少しずつ前進していってください。視野が広がれば、もっとしてみたいことも出てくるでしょう。それもリストに付け加えましょう。世界をもっと見てみましょう。自分の人生に幸せを見つけましょう。そして他の人にも幸せを分かち合えるようになればもっと幸せが増えますよね。

私は保守的で、未知のことは嫌いで、冒険するのは得意ではないのですが、2年前に真冬のヨーロッパに9カ月の息子を連れて6週間旅行しました。防寒着をモコモコに着込んで見た大きな滝や山、他の惑星のようなアイスランドの地形、オペラを真剣に見ている息子の姿など、それらは忘れられない経験になりました。

1年に1つずつでも達成できたら、人生で幾つのことを経験できるでしょうか?それが自分の成長につながりますか? そして子どもや家族、友人、コミュニティーに役立つのでは? 可能性は無限ですね。以下に自分の100の夢を書き出してみるのに役立つ25の質問をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

■Web: www.sakurapartners.com.au/100dreams


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー/モーゲージ・ブローカー。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る