Ageペンション、CSHCの大切なアップデート

FPキョウコの

暮らしに役立つパーソナル・ファイナンス講座

オーストラリア生活に役立つお金の知識をファイナンシャル・プランナー(FP)吉住京子氏が解説。

第5回:Ageペンション、CSHCの大切なアップデート

2015年1月1日からAge Pensionのインカム・テストが変わります。これによって影響を受ける方がたくさんいると思います。また、Commonwealth Seniors Health Card (CSHC)保持者の方もこれによって影響を受けます。

現在、スーパーアニュエーションやスーパーをロールオーバーして作ったアカウント・ベース・ペンション(ABP)は、資産(アセット)テストに入りますが、インカム・テストにはほとんど含まれないのが現状です。

しかし、2015年からはインカム・テストにスーパーやペンション、株や不動産などの資産を合計し、一定のパーセンテージでインカムを計算するというやり方に変更になります。

最初の4万8,000ドル(シングル)、7万9,600ドル(カップル)は2パーセント、それ以上は3.5パーセントで計算されます。ABPもほかの金銭的資産と同じように計算に含めて、不公平をなくすというのが意図です。

2014年の内にABPを作り、Age Pensionも支給されているようであれば、このアップデートは適用されませんが、2015年以降に新しくABPを作ったり、商品を変えたり、Age Pensionの支給が1回途絶えると、新しい計算方法が適用されます。

次に例を挙げます。

◆65歳シングルのAさん。定期に19万ドル保有。(4万8000ドル×2%)+(19万ドル−4万8,000ドル)=5,930ドル。5,930ドルはインカム・テストにかかり、もらえるAge Pensionは2万1,326.80ドル。

◆65歳シングルのBさん。ABPに19万ドル保有。19万ドルに対して5%の9,500ドルのインカムを引き出している。現在は、このインカムはAge Pensionの所得テストには入らず、フルペンションの2万2,211.80ドルをもらっている。

◆2014年は同じレベルの資産があってもABPは優遇されており、Bさんは多くのペンションをもらえるが、来年からBさんもAさんと同じような計算になり、もらえる額が885ドル減る。

2014年にできる事
◆12月30日までにReversionary Beneficiaryの形でペンションのお金をパートナーに残すようにアレンジ
◆ABPを始めCentrelink Deductible Amountをロックイン
◆複数のABPをまとめておく
◆Age Pension 支給年齢に達していないパートナーのスーパーに入れておく
◆アニュイティー、Imputation Bond、Funeral Bondの開始
◆お金のギフティング(1万ドル)を行う

個人の状況により何ができるのか違いますが、手遅れになる前に対処しておく必要があります。


吉住京子
在豪日本人ファイナンシャル・プランナー。難しいお金のことを易しく解説。クライアントそれぞれの状況に合わせた賢い戦略の提供に定評がある。在豪日系コミュニティーのためのチャリティー活動や各メディアでの連載記事・セミナーなども行っている。

W1406_8099WEAL

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る