不動産売買の常識/家を買うタイミングと個人の準備

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

家を買うタイミングと個人の準備

多くの方から不動産購入をするタイミングはいつが良いのかと、毎月セミナーを開催するたびに聞かれます。不動産熱が高かった2015から16年、そしてリーマン・ショックの混乱が全世界を強打した08年から09年もオーストラリアの不動産市場は、一定のサイクルの中で価格変動がありました。

今回は、多くの方から同じような質問される理由について考えてみました。恐らく不動産を少しでも低い価格で買って、より高く売却し、短時間で利益を求める株式市場のマインドを持ちながら不動産購入をしようと考える方が多いのが1つの理由だと思います。

私が定期的に行っているセミナーでも強調していますが、家を買うタイミングは、不動産市場における価格変動も重要ですが、結局は自分にどれだけ不動産を購入したい気持ちがあるのか、そしてその気持ちを支える現実的な購買力(頭金/ファイナンスなど)が準備できているかが、最初のステップに進むための最も重要なポイントになるでしょう。

不動産市場が安定し、銀行の住宅ローン金利がオーストラリア史上最も低い現在、不動産購入のタイミングはベストな時期であっても、不動産購入を検討している方自身が経済的に、あるいは気持ち的に準備できていない場合は、いくら良い物件があっても購入するに当たり躊躇(ちゅうちょ)してしまい決心がつかなくなります。

オーストラリアの不動産市場は、各州(State)ごとに上昇及び低下のサイクルが異なります。不動産価格が上昇する重要な要素には以下の点が挙げられます。

  1. ①安定した経済成長率
  2. ②低金利
  3. ③低失業率
  4. ④安定した人口流入

更に、政府の開発政策によりインフラ整備が集中する特定の地域は価格上昇が加速するでしょう。オーストラリアの不動産事情は、上記の4つの重要な要素が、現在まで大きく影響しています。

もちろんオーストラリア全体が安定的に不動産価格が上がる場合でも、各州ごとの価格サイクルは異なり、住宅市場は価格変動を繰り返しているので、不動産を購入するタイミングというのは、購入者本人が自信を持って、財政的な準備を整えられる時こそが、最も適切なタイミングだと言えるのではないでしょうか。


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを開催することで定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る