教えて!不動産売買の常識/住宅ローンは、将来の自分から借り入れるもの!

教えて!

不動産売買の常識

とっつきにくいイメージのある不動産の売買について不動産コンシェルジュのOrion Star Propertyのジャスミン・キム(Director of Sales)が初心者にも分かりやすく、実例を交えながら説明します。豪州では年々、物件価格が上昇しているため、レントを払い続けるか、物件を購入し資産を増やすか、今後のライフ・プランを考える良い機会となるでしょう。

住宅ローンは、将来の自分から借り入れるもの!

「住宅ローン」と聞くと、住宅を購入するための借金で、現金で購入できるだけのお金を持っていないから、仕方なく組むものだと思っている人が多いのではないでしょうか。

毎月黙々と30年ローンを返済することが、果たして人生の目的になってしまうのか……。実際の生活は、食事もすれば服も買い、年に1~2度は家族で旅行に行きたい、車も買い替えの時期だが、趣味活動はやめられないなど、住宅ローンだけを支払って生きていくことはあり得えず、それが人生の目的になるなんてもっとあり得ないと思います。

私は、住宅ローンとは“信用がなければ組めない”ものであり“将来稼ぐであろうお金を自分から前借りするもの”だと考えています。つまり、借りる相手は金融機関などではなく、将来の自分であるということです。

また、住宅購入のためのローンを上手に活用し、生活の水準や質を落とすことなく、より快適な住まい、更に将来の資産としても期待できる物件を手に入れたい、つまり“住宅ローンを最大限活用して、生活の質を向上させる”という考えを持っています。

住宅ローンは、生活の基盤となる器や人生で大切と思われるものを維持するために使う手段に過ぎないと考え、上手に活用することが大切でです。また、長い道を歯を食いしばって歩かなければならないということではないと理解すれば、いかに「返済」を「負担」と実感することなく支払い続けていくかを考えた方が、より良いのではないでしょうか。

購入したい物件が決まっていたら、住宅ローンはあくまでも自分が選んだ物件を手にするための手段であり、便宜的にかつ積極的に活用するものだと言えるでしょう。

このように住宅ローンに対する見方を変えてみると、いろいろと将来に対する考え方も変わります。住宅ローンを返済することを目的とする人生は歩んで欲しくない、というのが住宅ローンに向き合う極私的な「心得」です。


ジャスミン・キム
NSW州不動産業者免許所持。実践的な日本語不動産セミナーを開催することで定評のある、不動産コンサルティングのエキスパート。日本人2,000人以上を含む8,000人以上の顧客の不動産コンサルティングに携わる。「自分が納得できないものはお勧めしない」をモットーに常に消費者目線で、日々市場調査に余念がない努力家。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る