【税とビジネス】Gross IncomeとNet Income

Gross IncomeとNet Income

今回は、「総収入(Gross Income)」と税金を天引きされた後の「手取り(Net Income)」について考えてみましょう。よく年収10万ドル、100万ドルですごいなあ、と感心することがあると思います。しかし、この年収は税金を払う前の金額です。税金を引いたものは「手取り額」として銀行に入ります。

実際、年収が10万ドルの人は税金を引かれた金額が銀行に入るので、実質使える金額は10万ドルではありません。10万ドルの場合、税金は2万6,117ドルとなり、手取りは7万3,883ドルです。100万ドルの年収の人は40万ドルを超える税金を払うことになり、手取りは60万ドルまで減ってしまいます。

さて、この総収入と税引後収入(手取り)を皆さんご存じのPAYGペイメント・サマリーで考えてみましょう。PAYGペイメント・サマリーのGross Incomeというのが総収入です。Tax Withheldは雇用主が天引きし、ATOに払う税金額となります。この税金額がタックス・リターンを申告した際の税金の前払い分となり、この一部が返金として戻ってきます。つまり、「Gross Income - Tax Withheld=手取り」として、銀行に入金されます。逆を言えば、Gross IncomeからTax Withheldを引いた金額が、会計年度内の手取り額の合計と異なると、何かがおかしいということになります。

自営業者やABNで収入を得ている人は更に考える必要があります。自営業者やABNで収入のある人は税金の天引きがないので、利益に対してタックス・リターンの申告後に税金を払うことになります。よく年商1億円のビジネスなどと聞きますが、これは税金も経費も引く前のことなのです。つまりGross Incomeであり、実際に手元に残る金額は1億円ではありません。

元阪神タイガースの新庄剛志選手が昔、年俸が2,400万円に上がった時にベンツを買ったと言います。この際、新庄選手は2,400万円のうち2,200万円のベンツを買い、残り200万円で1年を過ごせば足りると考えたということです。しかし、これは税金を一切考えていません。2,400万の年俸はGross Incomeであり、税金を払う前の収入です。もし2,200万のベンツを買い、200万円で生活するとなると、当然税金が払えなくなります。

例えば、年収10万ドルで生活費が4万ドルの時、60万ドルの自宅を購入すれば、年間残りの6万ドルで10年でローンを返済できる、と考えるのと何も変わりません。年収10万ドルは当然税引き前の収入なので、実際の手取りは10万ドルより低くなるので、10年では返済できません。

累進課税で収入が上がれば税金も上がります。お金を取っておかないと次のタックス・リターンで税金を払えなくなります。


賀谷祥平
競馬騎手、Ezy Tax Solutions Pty Ltd代表取締役。豪州公認会計士、米国公認会計士、登録税理士。James Cook University MBA、University of New England会計学修士、上智大学経済学部卒。2001年上智大学在学中に、騎手を志し豪州の競馬学校に入学。03年、NSW州Coffs Harbour競馬場にて騎手デビュー。現在はNorth QLDで騎乗している。
Web: www.facebook.com/shoheikaya

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る