水素エネルギーに画期的な技術開発

アンモニア化して輸送、特殊な皮膜で水素に戻す

クリーンな水素エネルギーの技術開発に取り組むCSIROの研究員(Photo: CSIRO)

クリーンな水素エネルギーの技術開発に取り組むCSIROの研究員(Photo: CSIRO)




 オーストラリア発の新技術が、再生可能な水素エネルギーの普及に画期的な技術的進歩をもたらすかもしれない。豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)はこのほど、特殊な金属製の皮膜でアンモニアから水素を分離できる技術を開発したと発表した。オーストラリアの輸出産業としての発展も期待できるという。

 CSIROが想定する水素エネルギー供給のモデルは次の通り。

 まず、海水を浄化して水(H2O)から電気分解で水素(H2)を取り出し、空気から電気分解した窒素(N2)と反応させてアンモニア(NH3)を精製する。いずれの工程でも、太陽光や風力で発電した電力の使用を想定しているため、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない。精製したアンモニアは、液化天然ガス(LNG)タンカーなどで海外に輸出する。

 技術革新のポイントは、CSIROが開発した特殊な金属製の皮膜にある。今回開発した技術を使い、消費地の施設で輸送されたアンモニアから水素を取り出す。日本や韓国、欧州などへ輸出し、燃料電池車などのエネルギーとして利用することを視野に入れている。

 水素は有力な次世代エネルギーとして期待されているが、密度が非常に低いため、低温で液体化しても長距離を大量に輸送しにくいという難点がある。その点、アンモニアの状態では輸送がしやすく、LNGタンカーなどの既存のインフラも流用できる。

 また、製造段階で再生可能エネルギーだけを使った水素の供給システムが確立されれば、クリーン・エネルギーの普及が加速する可能性がある。水素を使用する燃料電池は使用時に水しか排出しないため「究極のクリーン・エネルギー」と言われているものの、現状では天然ガスや石油といった化石燃料から水素を取り出す方法が主流だ。埋蔵量に限界がある化石燃料を原料に使用しているほか、精製の段階で二酸化炭素を排出するため、必ずしもクリーンとは言えないとの見方がある。

 CSIROの研究には、燃料電池車の開発に力を入れるトヨタ自動車をはじめ、韓国現代自動車、工業用ガス大手の英BOCといった民間企業も支援している。現状では基礎技術が確立された段階だが、中長期的には世界のエネルギー供給に大きなインパクトを与える可能性もありそうだ。



■CSIRO News Release
Membrane to fill gap in hydrogen export market

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る