シドニー・ハーバー・ブリッジ・クライムに新業者指定

過去20年間で400万人、新会社で今後20年間

 シドニー・ハーバー・ブリッジの鉄骨のアーチをパイロンから頂上まで登るシドニー・ハーバー・ブリッジ・クライム参加料は安くないがそれでも1998年の営業開始からの20年間に400万人が参加している。

 そのクライムの営業を担当する企業募集でこれまでの業者、BridgeClimb Sydneyが入札競争に敗れ、新しい企業が今後20年間、クライムの営業をすることになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 NSW州政府の道路海事局(RMS)広報担当者は、「クライム営業企業としてブルーマウンテンのシーニック・ワールドを運営するHammons Holdings Pty Ltdを指名した。オーストラリア一とは言えなくとも、シドニー一の象徴的な建造物に新しい一章のページを開くことに期待をかけている」と述べている。

 RMSはこの請負契約の額については商業機密として発表しないが、クライム参加料は最高1人$388にもなる。Hammons Holdings社は2018年10月1日からクライム営業を担当する。

 BridgeClimb Sydney社も声明を発表し、「当社はクライムを世界的な是非とも体験したい旅行アトラクションに押し上げた。また、当社のクライムはこの20年間無事故という完璧な安全記録を打ち立てた。1998年以来世界140か国から400万人の人がブリッジ・クライムに参加し、その中にはオプラ・ウィンフリー、ヒュー・ジャックマン、ジェミー・オリバーらの有名人もいる」と述べている。

 一方、Hammons Holdings社のデビッド・ハモン専務は、「このアトラクションを海外、他州からの観光客だけでなく地元市民にも味わって欲しい。実際、新しいテクノロジーを駆使した新しいブリッジ・クライム体験も考えている」と語った。
■ソース
Sydney Harbour Bridge Climb awarded to Hammons Holdings for next 20 years

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る