夜空に色鮮やかな光、ビビッド2017年フェスティバル

シドニー市内各所の主要建造物が光の造形に

 5月26日夜、シドニー都心部は、ビビッド2017年フェスティバルの開幕を迎え、市内各所の主要建造物が鮮やかな光に照らされ、創造、音楽、アイデアのディスプレーが繰り広げられた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 世界最大の光のショーといわれるこのフェスティバルには芸術家や団体が参加し、今年は様々な彫刻も展示され、自然の保存と保護を訴えている。

 参加した芸術家は、石、木の枝、植物園の100歳になるイチジクの木の幹をキャンバスに見立てた光のショーを繰り広げている。

 タロンガ動物園、植物園、シドニー・ハーバー・ブリッジ、オペラハウスなどおなじみの建造物の他、今年は新しく開発されたバランガルーの喫茶店やレストランの建ち並ぶ通りも参加している。

 市内では、ロックスへの通りや現代美術館(MCA)、サーキュラ・キーも鮮やかな光に照らされる。さらに、外洋航路ターミナルも鍾乳洞からヒントを得た光に照らされ、ハーバー・ブリッジの南橋脚はシドニー地域の先住民族、エオラの人々に捧げる光の造形が映し出される。

 このフェスティバルは5月26日から6月17日までの毎晩午後6時から午後11時まで催される。

 また、見物客の移動の便宜を図り、定期列車、バスに加えて延べ8,000便の臨時列車、臨時バスが運行される。2016年には230万人の人出を迎えており、海外、他州からの見物客も20万人を数えた。
■ソース
Vivid 2017: Sydney lights up with spectacular display of colour and creativity

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る