オーストラリアは留学には一番高い国

その上留学教育に最適でもなしの報告

 大手国際的銀行HSBCが行った海外留学教育調査が発表された。

 調査結果によると、大学留学ではオーストラリアはもっとも金のかかる留学先になっており、それでいて最高内容の教育を受けるには最適ではないと見られていることが明らかになっている。調査は15か国5,000人の親を対象に実施したもので、平均的な授業料や生活費なども含めている。

 調査では、海外からオーストラリアの大学に学ぶ留学生は授業料や生活費など全て合わせて一人年間$42,000以上を費やしてトップになっている。その次がシンガポールでオーストラリアに比べると年間で$3,000安く、アメリカの場合には$6,000安い。しかも、オーストラリアを世界の高等教育水準で3位以内に入ると考えているのは調査した親の4人に1人程度でしかなかった。

 調査した親の70%が、子供には大学教育を受けさせたいと考えており、また大学院まで行って欲しいと望んでいる親も40%にのぼった。また、海外留学希望では、オーストラリアでは子供の海外留学を望んでいる親は41%にとどまったが、インドネシアでは92%にのぼっている。ただし、これはオーストラリアの親がオーストラリアの大学教育が十分高水準だと考えていることだと見られる。実際、オーストラリア人はオーストラリアの教育が世界最高だと考えている。

 オーストラリアにとって、海外留学生教育は重要な「産業」になっており、大学の海外からの留学生の比率は20%にもなり、この数字は世界最高になっている。ただし、大学の水準では、アメリカ、イギリス、ドイツに次いでおり、カナダと分け合って第4位になっている。また、中国人の保護者の評価が厳しい。ただし、これも豪ドルが高く、生活にも金がかかることなどが含まれている可能性もある。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-09-10/australia-most-expensive-place-for-international-students/5735114

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る