エジプト、再審で3記者に再び懲役刑

帰国したオーストラリア人にも再度懲役

 8月29日の報道によれば、エジプトはカイロの再審裁判所は、アル・ジャジーラのジャーナリスト3人に懲役刑を言い渡した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 懲役刑を言い渡されたのはモハメド・ファーミ、バハー・モハメド、ピーター・グレステの3氏で、オーストラリア国籍のグレステ氏はオーストラリアに帰国しており、2人はエジプト国籍のため、保釈の身であり、そのまま収監される可能性がある。また、グレステ氏はオーストラリアにいる限り、投獄されることはないが、エジプトと犯罪者引き渡し協定を結んでいる国に行くだけでエジプトに送られる可能性がある。

 グレステ、ファーミ2氏には懲役3年、モハメド氏の場合には銃弾1個を持っていたためさらに6か月の懲役が加えられている。

 判決後、グレステ氏は、「どんな判決が出ようと、この裁判は事実証拠に基づくものではないということが事実だ。この裁判を目撃した者は誰でも分かるはずだが、この裁判では容疑を裏付ける証拠は何も提出されていない。この判決が出た以上、エジプト政府や世界各国の在住エジプト公館に国際的なプレッシャーをかけるしかない。このような判決のまま終わらせるわけにはいかない」と語った。

 アル・ジャジーラは、「判決は論理と常識から外れている。裁判は完全に政治化されてしまっており、自由で公正な裁判ではない。3人がニュースをでっち上げたとかテロリスト組織に加担したという証拠は全く提出されなかったし、根も葉もない容疑は裁判の過程でどれ一つとして精査に耐えるものはなかった」と発表している。

 3人は、非合法団体のムスリム同胞団を支援し、エジプト国内で許可なく取材活動を行ったとして起訴され、2014年6月に最初の判決を受けた時は、グレステ、ファーミ両氏が各7年、モハメド氏が10年の懲役判決を受けた。(Ratei)
■ソース
Al Jazeera journalists Peter Greste, Mohammed Fahmy, Baher Mohamed sentenced to at least three years’ jail

http://www.abc.net.au/news/2015-08-29/peter-greste-and-al-jazeera-colleagues-found-guilty-at-retrial/6735106

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る