NSW州南部でドラッグ犯罪組織検挙

軽飛行機で輸送の犯人、空港で逮捕

 9月3日、NSW、QLD、SAの3州にまたがってドラッグ犯罪組織の一斉検挙が行われた。NSW州南部では飛行場に着陸した軽飛行機を警察官が襲撃し、その場でパイロットを逮捕、飛行機の中から大麻やドラッグ前駆物質などを押収した。

 ABC放送が伝えた。

 この一斉検挙は警察に通報があったことをきっかけに8か月にわたる内偵の末に実施されたもので、警察では、SA州のデセンダンツやヘルス・エンジェルスなどのバイキー・ギャングがNSW州の提携ギャング組織にドラッグや銃砲を供給していると発表した。

 3日午後、NSW州南部デニリキンの飛行場で逮捕されたパイロットは67歳のクイーンズランド州在住の男で、大麻45kgとアイスの前駆物質4kgが見つかっている。また、飛行機も鑑識検査のため押収された。

 また、NSW州南部のヘイの町で29歳から46歳まで4人の男を銃砲提供で起訴した。また、アデレードでは男6人を逮捕、ドラッグ関係の重罪で起訴した。

 QLD州でもブリスベンとゴールド・コーストで家宅捜索令状が執行され、銃砲38挺、エクスタシー錠剤100錠、アイス少量などが押収された。

 警察は、「逮捕されたパイロットはNSW州とSA州を頻繁に行き来しており、ドラッグを各州間に運搬していた疑いがある。今回の作戦で、犯罪組織も、我々は州境を越えて協力し、銃砲やドラッグの密売組織をたたきつぶすつもりだということが分かったはずだ」と発表している。
■ソース
Police swoop on light plane, arrest pilot over drug supply at Deniliquin in southern New South Wales

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る