チャリティ設立、今年の若年豪国民、詐欺罪で起訴

QLD、ジーン・マッデン、新容疑も追加される

 ホームレスの人々に寝袋などをセットにしたスワッグを提供するチャリティ、「ストリート・スワッグズ」を設立し、2010年には「今年の若年豪国民」に選ばれたジーン・マッデン被告人(37)は、チャリティの銀行口座を着服した容疑で6か月前に起訴されていたが、新しい容疑が付け加えらることになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 1月30日、マッデン被告人は、6件の詐欺、1件の文書偽造、1件の詐欺未遂で起訴された。

 起訴に伴う警察の調書は、「詐欺犯罪は2015年初めから2016年6月までの1年半の間に行われた」としている。マッデン被告人は、資金を着服したと疑われていた2016年初めに慈善団体を脱退している。

 また、ユーチューブにも、「犯罪は物理的に不可能」として、犯罪を否定するビデオを発表している。

 マッデンは2月28日に新起訴事実で出廷する予定になっている。(Ratei)
■ソース
Street Swags founder Jean Madden to face new fraud charges

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る