豪夫婦、代理母に障害児押しつけ

健常児のみタイから連れ帰る

 オーストラリア人夫婦がタイの女性と代理母契約したが、生まれた双生児の一人がダウン症候群で、オーストラリア人夫婦は健常児だけを連れ、ダウン症候群の子供は代理母に押しつけてオーストラリアに帰った。残されたタイ女性はすでに自分の子供を抱えており、自分自身も心臓が悪く、障害児を育てることは不可能と途方に暮れている。ABC放送が報道しており、オーストラリア人夫婦の名は公表されていないが、今後その倫理性が問われることになると共に代理母のあり方、特に先進国の豊かな国民が貧しい国の国民を搾取する行為が問題にされる可能性もある。

 ABC放送の報道では、代理母パタラモン・チャンブアさん(21)は貧しい生活でギャミーちゃんを育てており、可愛い気持ちはあっても、他に6歳と3歳の子供を抱えており、現実にギャミーちゃんに必要な医療を受けさせてやることができないと語っている。2013年12月、豪ドルで$16,000の支払いを約束されたチャンブアさんは二卵性双生児を妊娠し、オーストラリア人夫婦は健常児の女児だけを連れ帰った。また、ギャミーちゃんは病気で入院していると伝えている。

 チャンブアさんは、「貧乏で借金を抱えており、約束の金額で借金も返し、子供に教育を受けさせることもできるはずだった。今はこの子がかわいそうだ。大人が失敗したことをなぜ子供が苦しまなければならないのか。一緒に生まれた一人が裕福な暮らしをして、どうしてこの子が捨てられてしまったのか。どうしていいのか分からない。この子を育てることにしたし、傷つけたくない。私の子供同然だ」と語っている。ギャミーちゃんはダウン症候群に加えて心臓の壁に穴が開いており、将来手術が必要だがチャンブアさんにはその金はない。ただ、これまでに募金ウエブサイトで10万ドル近い寄金が集まっていると報道されている。

 豪外務省では、「タイで代理母契約した場合に問題が起きる可能性がある。オーストラリアでは、NSW、QLD、ACTの法律は海外で金銭のからんだ代理母契約を禁じている。また、タイでは現在の軍政が代理母禁止を進めている。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-08-01/mother-of-thai-baby-abandoned-by-surrogate-parents-struggles-to/5642478

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る