南東部諸州で百日咳流行の危険警告

免疫の短さから数年ごとに流行の波

 夏休みが終わり、学童の登校が始まると、感染症の蔓延がみられる。1月22日には、NSW、VIC両州とACTで百日咳の流行が警告されている。

 百日咳の死亡率は1%から2%程度で、先進国では予防接種の結果、発生数は少ないが、免疫は4年から12年と減衰していく。その間に感染すれば再び免疫がつくが発生数が減っているため、追加免疫がつかず、そのため、3年ないし5年の周期で流行するとされている。

 NSW州では2014年4月から12月にかけて流行し、VIC州とACTでも患者数が増えた。前回の流行は2010年から11年にかけてで、今回はまだそれを下回っているが、これから大流行するのではないかと懸念されている。ウエストミード小児病院のニコラス・ウッド医師は、「3年か4年前に大流行があった。3年から4年の周期で大流行することが知られているので今回も心配だ」と語っている。

 NSW州保健局のビッキー・シェピアド局長は、「2014年中期には月140人程度の発生数だったが、今は月500人程度になっている。前回の大流行では月2,000人程度の発生数になった。児童は4歳で追加免疫を受け、12歳でまた受けることになっている。そのため、百日咳に感染してもほとんど症状が出ないことも多く、また他の病気と間違えられることも多い。

 シェピアド局長は、「幼児が感染すると重くなるため、かかったと思えば幼児にうつさないことを考えて欲しい」と呼びかけている。
■ソース
Whooping cough outbreak may be imminent, cases rising in NSW, Victoria and ACT, doctors warn

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る