男、乳児の顔にツバ吐きかける

シドニー市内、警察、容疑者を追う

 2月27日午後遅く、シドニー市内で、通りがかりの男が乳児の顔にツバを吐きかけるという異様な事件が起きた。警察では容疑者の行方を追っている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 被害者は生後4か月の女児で、同日午後5時30分頃、親戚の者が乳母車に乗せ、サリー・ヒルズのクラウン・ストリートを歩いていたところ、見ず知らずの男がかがみ込んで乳母車を覗き込み、女児の顔にツバを吐きかけてそのまま走り去った。

 サリー・ヒルズ警察署のミッキー・ガラヒー警部補は、「警察がこの事件を捜査している。現在のところ、男の犯行動機は不明だ。女児の祖父が男を追ったところ、男は自動車とぶつかり、倒れたが、そのまま起き上がり、クラウン・ストリートを南に走り去った」と発表している。ただし、自動車が停まっていたものか、走行中だったかは不明で、「運転者が警察に連絡するのを待って、事情聴取したい」と語っている。

 また、警察官が周辺地域を捜索したが男を発見できなかった。風体は白人、40代前半、痩せ型、禿頭、絞り染めのシャツとショーツを着ていた、と発表されている。
■ソース
Man spat in baby’s face in Surry Hills street; Sydney police hunt for suspect of ‘despicable act’

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る