シドニー、ワールド・スクエア一時閉鎖

男性、19階のバルコニーから転落

 3月7日早朝、シドニー都心部の商業住居複合施設、ワールド・スクエアで、19階(豪の呼称で18階)のアパートのバルコニーから男性が転落した。そのため、消防、救急隊、警察が出動、ワールド・スクエアの商店階も一時閉鎖された。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同日午前2時45分頃、建物上階のアパートのバルコニーに男が立っており、家具その他の物品を投げ落としているという通報があり、警察がリバプール・ストリートの現場に出動した。

 警察官と救急隊員が、40代と見られる男に話しかけ、事態を収拾しようとしたが、午前5時過ぎに男はバルコニーから転落した。救急隊員が現場で応急手当てした後、セント・ビンセント病院に運んだが、男は危篤で容体も安定していない。

 警察では、警察官を巻き込んだ人身事件の手続きとして重大事件調査を開始した。

 同日朝、営業時間が近づいても、ワールド・スクエアの出入り口はすべて警察が閉鎖しており、ショッピング・センター側も、「早くとも7日昼頃までは閉鎖が続く見込み」と発表している。
■ソース
World Square closed after man falls from apartment balcony in Sydney

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る