チャネル9時事番組スタッフ検束される

レバノンで親権者誘拐事件取材中

 4月7日、レバノンのベイルートで、親権者による誘拐をオーストラリアのテレビ局の時事番組取材班が取材中に当局に検束された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 検束されたのは、チャネル9の「60 Minutes」取材スタッフで、レポーターのタラ・ブラウン、プロデューサのスティーブン・ライス、カメラ・オペレータ2人と伝えられており、同TV局は関係当局に働きかけ、4人の釈放と帰国に尽力している。

 同取材班は、レバノン人の父親に親権者誘拐された2人のオーストラリア国籍の子供をオーストラリアに連れ戻す話を取材中だったとされている。2016年1月にも、スエーデンで取材中だった「60 Minutes」スタッフが襲撃されており、また、ABC取材班がマレーシアで検束される事件も起きている。

 ジュリー・ビショップ外相は、事件の情報を集めているところだとして、「取材スタッフの所在と福利の確認を急いでおり、また適切な領事支援を行っている」と語った。
■ソース
Tara Brown and 60 Minutes crew detained in Lebanon

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る