NGOのオーストラリア人女性、アフガニスタンで誘拐

カブールで銃突きつけられ、今年の豪人誘拐3人目

 11月6日付ABC放送(電子版)は、現地時間5日にアフガニスタンの首都カブールで非政府組織で働くオーストラリア人女性が誘拐されたと伝えている。

 連邦政府外務貿易省(DFAT)は、カブールの大使館が大至急問い合わせを急いでいると発表した。

 11月6日付でアフガニスタンのテレビ局が、「女性は市中央部のQala-i-Fatullah地区で銃を突きつけられて誘拐された」と報じている。

 アフガニスタンでは長年誘拐が大きな問題になっており、ほとんどの場合、身代金が目的で誘拐対象は外国人よりもアフガニスタン人の方が多い。しかし、外国人海外援助団体職員が誘拐される事件も起きており、2016年4月には東部のジャララバード市の慈善団体事務所からケリー・ジェーン・ウィルソンさんが誘拐され、8月に解放されている。また、8月にはカブールのアメリカ大学で教えているオーストラリア人がアメリカ人同僚1人と共に誘拐されている。
■ソース
Australian woman reportedly kidnapped in Afghanistan’s capital Kabul

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る