NSW州警察官3人、少年逮捕時容疑者に暴行される

マコーリー・ショッピング・センターで、1人頭部重傷

 シドニー首都圏北西部で16歳の少年の逮捕時に警察官3人が少年から暴力を受け、うち1人は頭部に重傷を負って病院に運び込まれた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 警察発表によると、7月3日午後10時頃、マコーリー・ショッピング・センターの警備員から警察に通報があったため、同センターに向けて出動したところ、マースフィールドのバラクラバ・ロードとエッピング・ロードの交差点付近で不審な動きをする少年を発見し、近寄ったところ、少年が暴れ始めた。

 警察官がさらに2人の応援を呼んだところ、少年が警察官の顔を蹴ったため、警察官は転倒、頭を路面に強打した。

 少年は暴行傷害と暴行の現行犯で逮捕され、保釈は裁判所に拒否され、7月5日に少年裁判所に出廷を命じられた。

 ジョン・ダンカン警視正は、「転倒した警察官(37)は、重体だが容体は安定している。しかし、負傷の程度をチェックできるようになるまで何週間かかかるかもしれない。昨夜、病院に行き、今日も何時間か前に話もした。現在、意識はあるが、快復まで時間がかかる」と語っている。

 事件直後に隣接するマコーリー大学から出てきたアンソニー・エルグッドさんは、「警察官1人が溝に横たわり、もう1人の男が倒れていた。何が起きたのか分からなかったが、警察官は頭にかなりひどい傷を負っているようだった。警察車も8台くらい来ていたし、機動隊員、警察犬も来ていた。救急車も3台止まっていた。普段は静かなところで、月曜日の夜にこんな騒ぎが起きたことはなかった」と語っている。
 負傷した警察官はロイヤル・ノース・ショア病院に入院している。
■ソース
NSW Police officer seriously injured after being allegedly kicked in the head by teenager

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る