メルボルン東部、パーティ中に19人が死傷

集合写真撮影中に建物のバルコニーが落ちる

 12月16日夜、メルボルン北東部地区の民家でパーティのさ中に建物のバルコニーが崩れ落ち、2人が死亡、17人が重軽傷を負って入院するという事故があった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後10時30分頃、ドンカスター・イースト地区の民家で30人を超える人が集まって開かれていたタッパーウエア・クリスマス・パーティで、集合写真を撮ろうとしてバルコニーに集まったところ、バルコニーが崩れ落ちたものと見られる。

 この事故でメルボルン東部クロイドン地区の59歳の女性が現場で死亡、また、同市北部リザーバー地区の37歳の女性も病院に運ばれた後、17日朝に死亡した。

 また、17人が重軽傷で病院に運び込まれたが、警察発表ではいずれも生命に別状はない模様。

 ケリン・モロニー警視代理は、「悲惨な事故だ。クリスマスまでわずか1週間という時期に悲劇的だ」と語っている。

 また、VIC州救急隊のポール・ホルマン本部長は、「現場は混乱状態で大がかりな緊急出動が必要だった」と発表している。
■ソース
Balcony collapse at Doncaster East Christmas party kills two people, injures 17 others

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る