海上警察、乗客を外洋クルーズ船から引き取り

P&O船上で女性含め7人がケンカ

 タスマン海に出ていたP&O社の外洋クルーズ船、パシフィック・エクスプローラー号からシドニーの海上警察に連絡が入り、2月11日早朝にシドニー湾内で乗客7人を引き取ってもらいたいと依頼があった。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同号はタスマン海に出ていたが、10日夜に船上で7人がケンカを始めたため、P&O社は、「他の乗客の安全、快適、享受を妨げるようなあらゆる行きすぎた行動に対してゼロ寛容という当社の規則に照らして7人の下船と今後永久にP&O社または同社の関係の設備・施設の利用を禁じる措置をした」と伝えている。

 NSW州警察の海上警察部は、11日午後にシドニー湾内ブラッドリーズ・ヘッドの水上で男性6人と女性1人を同号から引き取ったことを明らかにした。

 7人を陸に揚げ次第、州警察海上管区の刑事が取り調べを行うと発表されている。

 P&O社の広報担当者は、「強制下船処分はめったにあることではないが、規則に照らして必要な場合には強硬措置を執ることも躊躇しない。強制下船した7人は、今後P&Oクルーズもそれ以外の関連ブランドでも歓迎しない」と発表している。

 船はシドニー発シドニー着で3晩の周回航海の途中で、7人引き渡し後、再びタスマン海に出てクルーズを続け、12日にシドニーに帰港する予定。
 同社は警察の取り調べに協力している。
■ソース
Police remove seven from cruise ship after ‘fight’ on board

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る