男、ムスリム女性2人に罵詈雑言

男性2人が女性に加勢、男逮捕

 保守連合やパーマー統一党の政治家がムスリムを攻撃する発言を続け、連邦警察・州警察がムスリム自宅多数を夜明け前に家宅捜索し、600人の警察官を動員して1人を弾薬不法所持で起訴するという泰山鳴動ネズミ一匹を地でいくような事件が起き、イスラム過激派に心酔した男が連邦警察官2人を刺し、負傷した警察官に射殺されるなどオーストラリア国内にはムスリム・コミュニティと政府や官憲との間で緊張関係が高まっているが、その緊張関係を背景にムスリム市民が嫌がらせや罵声、落書き、放火などの被害者になる事件が頻繁に報道されている。

 10月6日、午後7時頃、ニューカッスル市で車を運転していたムスリム女性(26)と母親が信号で車を停めたところ、男(27)が徒歩で近寄ってきて罵声を浴びせ、脅迫した。警察のディーン・オルセン警視は、「男は2人の宗教を侮辱する発言をした上にサイド・ミラーを叩き、さらに罵り続けた。女性はそのまま発車したがすぐにミラーを直すために停まったところ、男が追いついてきて再び罵り始めた。通行人が男の行為を止めに入ったが、今度は男は止めに入った通行人に罵声を浴びせ初め、男性一人を殴った。さらに止めに入った通行人2人から携帯電話をひったくりそのまま走って逃げた。さらに通行人が男を捕らえ、携帯電話を取り返したが、その隙に男は再び走り去った」と発表している。

 間もなく警察官が到着し、男を捕らえ、逮捕した。男は警察に連行され、威嚇、窃盗、暴行、器物損壊などでの容疑で起訴された。男は警察署の留置場で一晩過ごした後、ニューカッスル地裁に出廷した。
 被害者の女性二人はこの事件ですっかりおびえ、震えていたが直接身体的な暴力は受けていない。オルセン警視は止めに入った通行人を称賛し、「警察の立場で言えば、一般社会がこのように犯罪行為を見過ごしにせず、被害者を守るために行動したことをうれしく思う」と語っている。(NP)

http://www.abc.net.au/news/2014-10-07/muslim-women-verbally-attacked-while-driving-in-nsw/5794522

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る