事故車から1,300万ドルの覚醒剤

シドニー南部で追突、運転手逃走

■出典
Pseudoephedrine worth more than $13m found in crashed car in Sydney
 12月12日、シドニー南部のバードウエル・パークで衝突した車から街頭価格1,300万ドルを超える覚醒剤が発見された。運転手は徒歩で逃走した。

 同日午後7時30分頃、停車中の車2台に走ってきた乗用車が追突、運転手はそのまま逃走した。

 事故現場に出動し、捜査していた警察官が乗用車後部からアイス・ボックスやプラスチック・バケツにプラスチック袋入りの白い粉末を大量に発見した。

 セント・ジョージ地域管区のギャリー・チャールズワース警部は、「白い粉末は160kgほど。青色のエスキー2つ、バケツ6個に真空パックの粉末が入っていた。粉末は違法薬物と推定され、直ちにテストされた結果、スードエフェドリンと判明した。この物質はスピードとかクリスタル・メタンフェタミンと呼ばれる覚醒剤の原料となる化合物。現在、逃走した運転手の身許を捜査している。目撃者によると、運転手は灰色のフード付きスエットシャツ、黒のトラック・パンツを履いていた」と発表している。

 さらに、「このように大量の薬物を押収したことは大規模な犯罪を未然に防ぐことができたことになる。薬物取引にも大きな影響があったはずだ」と語っている。(Ratei)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る