グレートバリアリーフ、消滅の危機

27年間でサンゴが半減したことが判明
 オーストラリア海洋科学研究所(QLD州タウンズビル)は、グレート・バリア・リーフに関する長期調査の結果を公表した。
 報告書によると、グレート・バリア・リーフのサンゴの減少率はこれまで考えていたよりも高く、過去27年間で半減していることがわかった。主な原因として、サイクロン、オニヒトデの増殖、サンゴの白化現象を指摘している。
 グレート・バリア・リーフの再生のためにはオニヒトデの増殖を食い止めることが不可欠であり、何らかの対策を取らなければ2022年までにサンゴはさらに半減するだろうと予測している。
 この現状が続けば、グレート・バリア・リーフが世界遺産に登録されている理由の1つである生物多様性が失われる可能性がある。(NP)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る