デビッド・レイノルズ、ポール・ポジション

バサースト1000は激突事故連続2件

 NSW州バサーストのマウント・パノラマ・レースコースでこの週末に開催されているバサースト1000レースは、デビッド・レイノルズ選手が、今回初の全女性チームをからかう発言でV8スーパーカーズ運営者から$25,000の罰金を言い渡され、また、9日、10日と連続して出場車が壁に激突、ドライバーが脚骨折や肺破裂で病院に運び込まれる事故が起きるなど、大きな話題が続いた。11日にはフォードに乗るレイノルズが、スコット・マクローリン、ジェーソン・ブライトを抑えてポール・ポジションに立ことになった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 一旦は性差別発言で悪名を高めたレイノルズ選手だったが、10日のトップ10争いで2分27秒82の記録を叩き出し、初のポール・ポジションを入院中のチームメートのチャズ・モスタートに捧げることで汚名を挽回した。ニュージーランドのスコット・マクローリン選手は2分28秒97、3位はジェーソン・ブライト選手の2分29秒70だった。

 10日の予選では、モスタート選手が壮絶な激突でオレンジ・ベース病院に運び込まれた他、トラックサイド・オフィシャルも3人が負傷した。この骨折でモスタートは脚に金属棒を入れられたと伝えられている。

 レイノルズは10日の予選でポール・ポジションと合わせて$5000の賞金も獲得している。レイノルズの所属するプロドライブ・レーシングのチームメートのマーク・ウィンターボトム選手もポール・ポジションを狙っていたがふるわなかった。

 初の全女性チーム、レニー・グレイシー、シモーナ・デ・シルベストロ両選手のチームは日曜日のバサースト1000ではグリッドの最後尾から2番目で出走する。
■ソース
Bathurst 1000: David Reynolds claims pole position in shootout ahead of Scott McLaughlin and Jason Bright

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る