シドニー・ホバート・レース、Perpetual LOYAL一着に

スーパー・マキシ級、レース記録大幅に更新する

 2016年12月26日のボクシング・デーにシドニー・ハーバーから出走、TAS州ホバートまでのコースを競うシドニー・ホバート・ヨット・レースは、NSW州のスーパーマキシ級、Perpetual LOYALが28日午前2時31分にダーウェント川のフィニッシュ・ラインを通過、ライン・オーナー1着に入った。また、引退したOat XIが立てた記録を4時間51分52秒と大幅に更新する新記録を樹立した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 Perpetual LOYALのアンソニー・ベル艇長は、「誰も私たちが1着になるとは思っていなかっただろう。まして胴元はまったく予想していなかったはずだ」と語っており、2011年にLoyalを指揮して、Wild Oats XIを破ったベル氏は、今回の艇のクルーについても、「このクルーは地上でもっとも素晴らしいグループだ。最高の船乗り達だ。戦争に行く時にこれ以上の戦友を持つことはないだろう」と賞賛し、さらに、「クルーはこのレースで善戦することには自信を持っていたし、出走までの過程もレースの重要な一部だ」と語っている。

 ただし、ベル氏は、2017年以降のレースで2016年のタイトルを防衛するという期待を否定し、「ヨットでやりたいことがある」とは語ったものの、何をやりたいのかについては黙して語らなかった。

 Perpetual LOYALから2時間遅れでニュージーランドのGiacomoがフィニッシュ・ラインを横切り、2分差で香港のScallywagが3位に入った。

 この3艇はいずれもWild Oats XIのレース記録を大幅に破っている。続いてQLD州のBlack Jack、ニュージーランドのBeau Geste、NSW州のMaseratiがラインを横切った。

 これからの関心は総合優勝の行方で、これは人によってはむしろ単純優勝より大事だと考えている。
■ソース
Sydney to Hobart: Perpetual LOYAL takes line honours in blue water classic, smashes race record

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る