陰陽師・橋本京明の開運指南「安倍晴明の長生きの秘密」

「ラスト陰陽師」橋本京明が、毎日を笑顔で過ごせる開運方法を指南!
 

第3回 安倍晴明の長生きの秘密

前回当コラムでは、平均寿命が今よりは短かった昔、陰陽師・安倍晴明が85歳まで長生きしたという話をしました。今回は、その長生きの秘密に迫りたいと思います。

当時、貴族や陰陽道の人々は、米を中心に大豆、ゴマ、そば粉などを食べていました。主食は玄米ご飯や雑穀ご飯、おかずは魚が中心で、アジ、サバ、イワシなど。野菜はカブ、大根、レンコンなどの旬な食材で、甘い、辛い、しょっぱい、酸っぱい、苦い味の5味を組み合わせて食べていたと言われています。ご飯を食べる時間は朝10時、夕方4時の2回。

このように「規則正しい時間にバランスの取れた食事を摂る生活」が長寿の秘訣の1つなのだと思われます。

ただし、人間はただ栄養を得るためだけに食事を摂るわけではありません。食文化の根底にある考えは「感謝」の念です。日本では食事の前に「いただきます」と言う習慣がありますが、これも感謝を表現した言葉ですね。

生きているものの命をいただくことで、自分の寿命を全うさせていただくので、そのことに感謝をする。単にそれを口にすることだけに気を付けるのではなく、その行動の裏にある美しい身体を作ることを忘れてはいけません。このことから、「心身ともに美しくあること」が長寿の秘訣であるとも言えます。

さらに安倍晴明は、年中行事を決して欠かさずに行っていました。それにより「天からの恩赦を受け長寿になった」と考えられます。例えば、節分とは本来「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日に1年に4回あったものでしたが、日本では立春は1年の始まりとして特に尊ばれ、陰陽師により、旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」と呼ばれる、節分の行事の一種が行われていました。晴明は、追儺が宮中の喪中で停止された時期でさえ、自宅で必ず行っていたと言われています。

それでは、今月も開運アドバイスを1つ。キーワードは言葉です。言葉は力、言葉は心だとされており、心を言葉にすることで幸せを呼び込み、開運にもつながります。ぜひ実行してみてくださいね。

次回は暦のお話をしたいと思います。


☆プロフィル
著者・橋本京明◎神官の家系に生まれ、幼いころから念視・予知、霊感・霊体験をし、小学2年生で四柱推命、紫微斗数、奇門遁甲などの占いを学び始める。その後、数々の寺院で修行。高校卒業後は会社に勤めながら占いの個人鑑定を開始し、2008年に独立。「ラスト陰陽師」としてメディアにも多数出演。現在は東京都にオフィスを構え、個人鑑定を行っている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る