サクラホテル/ホステル「滞在客とスタッフの関係を超えて」

サクラホテル/ホステル、サクラハウス

世界中から毎年約110カ国籍のゲストが訪れるという、東京のサクラホテル。ここでは毎日国際色豊かな光景が広がっている。そこで本コラムでは、このサクラホテルのスタッフたちが、ユニークなゲストたちやエピソードをご紹介。

サクラホテルとは?
「世界中の人々が出会い、お互いに理解し合う場を作りたい」をモットーに、創業以来、海外からのゲストに東京での滞在先を提供。姉妹会社のサクラハウスでは、中長期滞在の人向けにドミトリー、シェア・ハウス、アパートなども案内している。

大らかで明るいオーストラリア

私はオーストラリアにはまだ一度も行ったことがありません。何年か前に行こうと計画を立てていたら、ハリケーンで大洪水が起き、断念しました。お隣の国ニュージーランドには行ったことがあり、これが私の初めての海外経験でした。高校生の私は初めて1人で飛行機に乗り、小さくなる日本列島を見ながら大きな不安と期待に胸を膨らませ、隣に座った「外国人」に興味津々だったこと覚えています。未だに海外へ発つ時の日本を離れる心細さとわくわく感は変わりませんね。

オーストラリアに行くならやはり夏がお薦めでしょうか。日本と季節が反対ですから、多くのオーストラリア人のお客様が雪を求めて日本へいらっしゃるので、今度、彼らにお薦めのシーズンを聞いてみようと思います。

まずは、昔読んだ小説に出てきたエアーズ・ロックに行ってみたいと思っています。ただ、サソリや野犬が出るそうなのできちんと下調べをし、野宿だけは避けたいところです。

サクラホテルに滞在したフレンドリーなオーストラリア人のアニーさん
サクラホテルに滞在したフレンドリーなオーストラリア人のアニーさん

日本の約20倍の広さのオーストラリア。大自然に囲まれて育った人が多いからか、サクラホテルに滞在するオーストラリア人の皆さんはとても大らかで、明るく、ロビーも裸足で歩くようなワイルドさがあります。細かいことは気にせず、何といってもフレンドリーさはナンバー・ワンではないでしょうか。

一昨年、私がイギリスに半年間滞在していた時、天気の良い日があまりありませんでした。天気の悪さや憂うつさを吹き飛ばすように甘いものを食べて元気を出そうとするからか、イギリスはぽっちゃりした人が多いのだとか。その点、オーストラリアは天気がとても良いので、イギリスから移住する人が非常にたくさんいるそうです。私も日本に帰ってきて太陽の力は偉大だと改めて思いました。どんな人もみんな明るく元気にしてくれるパワーのあるオーストラリアを、早く訪れてみたいと思います。
鈴木佳奈絵(サクラホテル神保町)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る