ポップ・カルチャーの祭典&GC映画祭

 今年も、ポップ・カルチャーの祭典QPOW(キューパウ)がやって来る。ブロードビーチを中心にゴールドコースト各地でイベントが行われるこの祭典の目玉は、なんといってもスーパノヴァ(Supanova)とゴールドコースト映画祭。この2つのイベントの見どころをたっぷりお届け!

 QPOWとは、「Queensland Pop Culture Week」の略称で、映画やTV、アニメ、ゲーム、マンガなどのポップ・カルチャーのお祭りだ。
 中でもスーパノヴァと呼ばれるポップ・カルチャーの祭典と、ゴールドコースト映画祭の2つは見逃せないイベント。映画好きやアニメ好きでなくても、大人から子どもまでたっぷり楽しめる企画が盛りだくさんなので、ぜひ出かけてみよう。
 

Supanova 4月4〜6日
 日本のアニメやゲームなどはもちろん、世界中のポップ・カルチャーが一堂に会するお祭り、スーパノヴァ。会場はコスプレを楽しむオーストラリア人であふれ、楽しいイベントが盛りだくさんなので、アニメ・ファンでなくてもたっぷり楽しめること間違いナシ。


イギリスのTVドラマ・シリーズ「ウォリアー・プリンセス」ゼナ役や「スパルタカス」にも出演したルーシー・ローレスもやって来る
●見どころその①
俳優&声優たちが勢ぞろい

 毎年、豪華なゲストやそれぞれの作品のファンにはたまらない出演者たちがずらりと勢ぞろいし、握手会なども開かれるこのイベント。今年参加を表明しているのは、英語版ポケット・モンスターでアッシュの声を担当したヴェロニカ・タイラー、映画「ホビット」のマーク・ハドロウやウィリアム・カーチャー、「スター・ウォーズ」のチューバッカ役のピーター・メイヒュー、「ロード・オブ・ザ・リング」のマーク・ファーガソンなど以下の俳優たち。

•• ヴェロニカ・タイラー(Veronica Taylor – Ash : Pokemon, Slayers, One PIece, Tekken)
•• ピーター・メイヒュー(Peter Mayhew – Chewbacca : Star Wars)
•• ルーシー・ローレス(Lucy Lawless – Xena : Warrior Princess, Battlestar Galactica, Spartacus)
•• マヌ・ベネット(Manu Bennett – Arrow, The Hobbit, Spartacus)
•• マイケル・ルーカー(Michael Rooker – The Walking Dead)
•• アレクサンダー・ルドウィグ(Alexander Ludwig – Hunger Games, Lone Survivor)
•• ロン・グラス(Ron Glass – Firefly, Serenity, Marvel’s Agents of SHIELD)
•• エマニュエル・ヴォージア(Emmanuelle Vaugier – Smallville, Lost Girls, Two and a Half Men)
•• トム・レンク(Tom Lenk – Buffy the Vampire Slayer)ほか
●見どころその②
ノリノリのコスプレ・パレード

 QPOWの一環としてブロードビーチで開かれる、大コスプレ・パレード。お気に入りのアニメや映画、ゲーム・キャラに扮して参加しよう。もちろん、見に行くだけでもOK。ここオーストラリアでも、かなり凝ったコスプレーヤーたちが多いことにきっと驚くはず。
日時:4月6日(日)9AM
会場:Broadbeach Parklandからthe Convention Centreまで


かなり本格的なコスプレも多い楽しいパレード

■Supanova Pop Culture Expo
会場:ゴールドコースト・コンベンション・センター
Gold Coast Convention & Exhibition Centre, Cnr. Gold Coast Hwy. & TE Peters Dr., Broadbeach
日時:4月4日(金)6PM~10PM(プレビュー・ナイト、入場は8PMまで)、5日(土)・6日(日)10AM~6PM
料金:ウィークエンド・パス前売り$47.50(当日$57)、1日パス前売り$27.50(当日$32)、子ども無料(12歳まで、大人との同伴が必要)
Web: www.supanova.com.au


2012年に日本で放送されたTVアニメ。2014年にはファントム・バレット編を放送予定
●見どころその③
日本の「ソードアート・オンライン」も登場

 オンライン小説から文庫化され、TVアニメでも放映された日本の「ソードアート・オンライン」の原画やキャラクター・デザイン、ストーリー・ボードなどが展示される。主人公のキリトとアスナのキャラも登場するので、ぜひ一緒に写真を撮ろう。「リズベットの鍛冶屋」もオープンし、キャラクター・グッズの販売も行われる。

 
 

今年も名作&新作が勢揃い!
ゴールドコースト映画祭2014ガイド
 4月3〜13日


映画『オール・ディス・メイヘム』より

40以上もの映画が集まり、10日もの間パシフィック・フェア・ショッピング・センターを中心に、アートセンターなどゴールドコースト各地で開催されるゴールドコースト映画祭。今年は世界各地で制作された外国語の映画も多く上映され、フランス、イスラエル、韓国、モロッコ、オーストリア、南アフリカなどの映画が集まった。

日本からは、あのクリント・イーストウッドの西部劇を時代劇でリメイクした、渡辺謙主演の『許されざる者』が登場。オーストラリアでの初上映となるので見逃せない。また、アニメ作品ではスタジオ・ジブリの名作『天空の城ラピュタ』、どちらもオーストラリア初上映となる人気アニメの『劇場版NARUTO-ナルト-ロード・トゥ・ニンジャ』、人気ゲームから登場した映画『ベヨネッタ・ブラッディ・フェイト』なども上映。

そのほかの見どころは、まず映画祭のオープニング・ナイトを飾る『グランド・ブダペスト・ホテル』。そして、ゴールドコーストのツイード在住でサーフィンの世界大会で何度も優勝を重ねる、あのミック・ファニングが出演している『ミッシング』。サーフィン好きでなくても要チェックしたい映画だ。世界中で撮影されたドキュメンタリーだが、もちろん彼の地元、ゴールドコーストの美しい波も登場する。また、オーストラリアとシンガポールの合作映画で、第2次世界大戦中に日本軍占領下のシンガポールを舞台にスリリングなストーリーが展開する『キャノピー』もオーストラリア・プレミアとして公開される。

ミュージカル好きには映画の『グリース』を観ながら観客も一緒に歌うイベント「グリース シング・ア・ロング」という楽しい企画もお薦め。会場となるアート・センターには50年代の車のディスプレイなども登場するので、ぜひ映画に登場するジョン・トラボルタやオリビア・ニュートン=ジョンを真似たファッションで参加してみよう。

また、4月4日には「ホラー・マラソン」が開催され、深夜までホラー映画が次々と上映される。怖い映画をたっぷり鑑賞して、ぜひ日ごろのストレスを発散させよう。

今年は、有料の映画だけでなく無料の映画も上映される。懐かしの名作『ネバー・エンディング・ストーリー』や『メリー・ポピンズ』『プリンセス・ブライド』は、家族や子ども連れにもお薦めだ。

<プログラム・ガイド>

『グランド・ブダペスト・ホテル/The Grand Budapest Hotel』
(2014年アメリカ)

言語:英語
レイティング: CTC
ワールド・プレミア
監督:ウェス・アンダーソン 
出演:レイフ・ファインズ、ジュード・ロウ、ウィレム・デフォーほか

 ヨーロッパ随一のグランド・ブダペスト・ホテルで伝説のコンシェルジュとして働くグスタフ・H 。ホテルには彼の得意客たちが常に訪れるが、ある日、常連の女性が殺害されてしまう…。
 映画祭のオープニングを飾る、ワールド・プレミアとなるコメディ。日本でも今年6月に公開予定。
■上映日:4月3日(木)7PM、6日(日)3PM

 
 

『サンシャイン・オン・レイス/Sunshine on Leith』
(2013年イギリス)

言語:英語
レイティング: 18+
オーストラリア・プレミア
監督:デクスター・フレッチャー
出演:ピーター・マラン、ジェーン・ホロックス、ジョージ・マッケイほか

 アフガニスタンから帰還した兵士、アリーとデイヴィー。英国のエジンバラで戦場から離れた普通の生活を取り戻そうとする2人は、家族や仕事、人間関係などに苦悩を重ねていく…。
 話題のミュージカル作品。プロクレイマーズの同曲を使った舞台を映画化したもの。日本では今年夏に公開予定。
■上映日:4月5日(土)10:30AM

 
 

『フェーディング・ジゴロ/Fading Gigolo』
(2013年アメリカ)

言語:英語
レイティング: M
監督:ジョン・タトゥーロ 
出演:ジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、シャロン・ストーンほか

 フィオラヴァンテ(ジョン・タトゥーロ)は、金銭的に困っている友人マレー(ウディ・アレン)を助けるためプロのジゴロになることを決意する。マレーは彼のマネジャーとなってコンビを組むが…。
 監督も務めるタトゥーロのほかウディ・アレンやシャロン・ストーンも出演している作品。日本でも今年公開予定。
■上映日:4月9日(水)7PM、13日(日)11AM
 
 

『キャノピー/Canopy』
(2013年オーストラリア・シンガポール)

言語:英語
レイティング: 18+
オーストラリア・プレミア
監督:アーロン・ウィルソン
出演:カーン・チッテンデン、モー・ツーイほか

 第2次世界大戦下の1942 年、戦闘機に乗っていたオーストラリア兵が戦闘中に撃墜された。危険なシンガポールのジャングルをさまよい歩きながら、避難する場所を求めるが…。
 オーストラリアでも今回が初上映となるこの作品。昨年のトロント映画祭でもまずまずの評判を得ている。
■上映日:4月12日(土)12:45PM
スペシャル・イベント上映後、監督アーロン・ウィルソンによるQ&Aセッション

 
 

『ワンス・ウォリアーズ/Once Were Warriors』
(1994年ニュージーランド)

言語:英語/マオリ語/スペイン語
レイティング: MA15+
監督:リー・タマホリ
出演:レナ・オーウェン、テムエラ・モリソン、ジュリアン・アラハンガほか

 オークランド郊外に暮らす、結婚して18年のカップル、ベスとジェイク。ベスはマオリ族の王族の子孫だが、ジェイクは奴隷の一族の血を引いている。野性的な魅力を持つジェイクだが、やがてその暴力が過剰になり…。
 マオリ族の直面する社会問題を描写した小説を映画化した、名作。公開当時に、数々の国際映画祭で受賞している。
■上映日:4月5日(土)12:30PM
スペシャル・イベント上映後、出演者テムエラ・モリソンによるQ&Aセッション
 
 

『天空の城ラピュタ/Castle in the Sky』
(1986年日本)

言語:日本語(英語版も同時上映)
レイティング: G
監督:宮崎駿
声の出演:(日本語版)田中真弓、よこざわけい子、
(英語版)ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、マーク・ハミルほか

 ある日、鉱山で空から落ちてきた娘、シータを助けるパズー。シータは不思議な青い光線を放つペンダントを身に着けていた。ペンダントをめぐり、海賊と国防軍がシータを追いかけるが…。
 スタジオ・ジブリ製作映画の第1作目となった宮崎駿監督の作品。公開当時は観客動員数がふるわなかったものの、いまだに根強いファンも多い名作。
■上映日:4月5日(土)3PM
 
 

『ベヨネッタ/Bloody Fate』
(2013年日本)

言語:日本語(英語字幕)
レイティング: 18+
オーストラリア・プレミア
監督:木崎文智
声の出演:田中敦子、園崎未恵、湯川大介ほか

 魔女狩りによって魔女と賢者が滅びたヴィグリッドの都市。その500年後に蘇った魔女ベヨネッタ。失われた記憶を求めてヴィグリッドへ向かうベヨネッタの前に、数々の過去の記憶を呼び覚ます人物たちが現れる…。
 人気3Dアクション・ゲームから映画化されたアニメ。日本でも2013年に公開されたばかり。
■上映日:4月12日(土)1:30PM
 
 

『許されざる者/Unforgiven』
(2013年日本)

言語:日本語(英語字幕)
レイティング: 18+
オーストラリア・プレミア
監督:李相日
出演:渡辺謙、江本明、柳楽優弥、忽那汐里ほか

 舞台は1880年、未開拓の地、北海道。幼い子どもや虐げられた女たち、友のために千億の罪を背負って、人斬りと呼ばれた男が亡き妻のために固く封印したはずの刀をふたたび解き放つ…。
 クリント・イーストウッドの傑作西部劇を渡辺謙主演で日本を舞台にリメイク。ヴェネチア国際映画祭では約10分のスタンディング・オベーションが起きた。
■上映日:4月12日(土)8:15PM
 
 

『ミッシング/Missing』
(2013年オーストラリア)

言語:英語
レイティング: G
クイーンズランド・プレミア
監督:テイラー・スティール
出演:ミック・ファニング、ジョン・ジョン・フローレンスほか

 オーストラリアが誇るサーフィンの世界チャンピオン、ミック・ファニング。詳細を全く知らされないままアフリカ、アイルランド、南米やスペインなどへ、21日間の旅に出る…。
 ゴールドコーストのツイード在住のプロ・サーファー、ミック・ファニングと彼のサーフィンを追ったドキュメンタリー。
■上映日:4月6日(日)7PM
 
 

『グリース/Grease Sing-A-Long』
(1978年アメリカ)

言語:英語
レイティング: PG
監督:ランダル・クレイザー 
出演:ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン=ジョン、ストッカード・チャニングほか

 オーストラリア出身の歌手、オリビア・ニュートン=ジョンの爽やかな歌声とジョン・トラボルタの踊りで世界を魅了した名作ミュージカル。映画を観ながらオーストラリア人が大好きな懐メロ「グリース」の名曲を観客も一緒に歌うという楽しいイベント。
 上映前にはホスト役が登場し、観客のボーカルをウォーム・アップ。無料の楽しいキットも配られる。映画を真似たファッションで参加しよう。
■上映日:4月6日(日)6PM(大人$55、コンセッション$45)
■会場:アートセンター・ゴールドコースト

 
 

本紙読者10組20名様に
鑑賞券プレゼント!


監督や出演者などのトーク・セッションも豊富

期間中、どれでも好きな映画を1本選んで鑑賞できる1組2人の鑑賞券を、抽選で本紙読者10組20名様にプレゼント。
応募方法:Eメールに①住所、②氏名、③電話番号、④日豪プレスへの感想を書いてご応募ください。当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。応募先:gceditor@nichigo.com.au 応募締め切り:3月28日(金)5PM
【そのほかの上映作品】
 
<フィーチャー・フィルム>
『コンビニエンス/Convenience』(2013年イギリス)

言語:英語 レイティング:R18+ オーストラリア・プレミア
監督:ケリー・コリンズ 出演:レイ・パンサキ、アディール・アクター、ヴィッキー・マクルアほか
■上映日:4月5日(土)7PM
 
『エニー・デイ・ナウ/Any Day Now』(2013年イギリス)
言語:英語 レイティング:M クイーンズランド・プレミア
監督:トラビス・ファイン 出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レヴヤほか
■上映日:4月6日(日)12:30PM
 
『ガロア/Galore』(2013年オーストラリア)
言語:英語 レイティング:R18+ クイーンズランド・プレミア
監督:リス・グレアム 出演:アシュリー・カミングス、リリー・サリヴァン、トビー・ウォレスほか
■上映日:4月11日(金)5PM
 
<外国語映画>
『監視者たち/Cold Eyes (Gam-SiJa-Deul)』(2013年韓国)

言語:韓国語 レイティング:R18+
監督:カム・シチャドゥル 出演:チョン・ウソン、ソル・ギョング、ハン・ヒョジュほか
■上映日:4月5日(土)12:30PM
 
『7番房の奇跡/Miracle in Cell No.7』(2013年韓国)
言語:韓国語 レイティング:M
監督:イ・ファンギョン 出演:リュ・スンリョン、パク・シネ、カル・ソウォンほか
■上映日:4月6日(日)12:30PM
 

『ザ・ウォール/The Wall (Die Wand)』(2012年オーストリア/ドイツ)
言語:ドイツ語(英語字幕) レイティング:R18+ オーストラリア・プレミア
監督:ジュリアン・ポルスラー 出演:マルチナ・ゲデックほか
■上映日:4月6日(日)4PM、11日(金)7: 30PM
 

『ビッグ・バッド・ウルフズ/Big Bad Wolves』(2013年イスラエル)
言語:ヘブライ語(英語字幕) レイティング:R18+ クイーンズランド・プレミア
監督:アハロン・ケシャレス、ナヴォット・パプシャド 出演:ライオー・アシュカナジ、ロテム・ケイナンほか
■上映日:4月7日(月)7PM
 

『フロントライン・ミッション/Rock the Casbah』(2013年フランス/モロッコ)
言語:フランス語/アラビア語/英語(英語字幕) レイティング:MA15+
監督:ライラ・マラクチ 出演:モージャナ・アラウイ、オマール・シャリフ、ルブナ・アザバルほか
■上映日:4月8日(火)7PM
 

『ボルケーノ/The Volcano』(2013年フランス)
言語:フランス語(英語字幕) レイティング:M
監督:アレクサンドル・コフレ 出演:ヴァレリー・ボネトン、ダニー・ブーンほか
■上映日:4月12日(土)5PM
 

『ウィンドミル/The Windmill』(2014年南アフリカ)
言語:アフリカ語(英語字幕) レイティング:R18+ ワールド・プレミア
監督:エチエヌ・フォーリー 出演:ミカエラ・ヴォン・セイドリッツ、アーマンド・グレイリングほか
■上映日:4月13日(日)3: 30PM
 

<ドキュメンタリー>
『アイ・ノウ・ザット・ボイス/I Know That Voice』(2013年アメリカ)

言語:英語 レイティング:R18+ オーストラリア・プレミア
監督:ローレンス・シャピロ 出演:ジョン・ディマジオ、ケビン・コンロイ、ジム・カミングスほか
■上映日:4月6日(日)6:30PM
スペシャル・イベント:上映後、出演者ジョン・ディマジオによるQ&Aセッション
 

『オール・ディス・メイヘム/All This Mayhem』(2013年オーストラリア)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:エディ・マーティン 主演:タス・パパス、ベン・パパスほか
■上映日:4月13日(日)3:15PM
スペシャル・イベント:上映後、エディ・マーティンとタス・パパスによるQ&Aセッション
 

<ホラー>
『イン・フィアー/In Fear』(2013年イギリス)

言語:英語 レイティング:MA15+ オーストラリア・プレミア
監督:ジェレミー・ラヴァリング 出演:イアイン・デ・ケステッカー、アリス・エングラートほか
■上映日:4月4日(金)6:30PM
 

『悪魔のいけにえ/The Texas Chainsaw Massacre』(1974年アメリカ)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:マーカス・二スペル 出演:ジェシカ・ビール、エリック・バルフォー、ジョナサン・タッカーほか
■上映日:4月4日(金)8:15PM
 

『ナース3D/Nurse 3D』(2013年アメリカ)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:ダグラス・アーニオコスキー 出演:パス・デ・ラ・ウェルタ、カトリーナ・ボウデンほか
■上映日:4月4日(金)10PM、12日(土)9:45PM
 

『キュア/The Cure』(2013年ニュージーランド)
言語:英語 レイティング:R18+ オーストラリア・プレミア
監督:デビッド・グールド 出演:ガブリエル・アブルー、アントニア・プレブル、デビッド・アレンほか
■上映日:4月4日(金)7PM
 

<ポップ・カルチャー>
『ハウス・オブ・ラスト・シング/House of Last Things』(2013年アメリカ)

言語:英語 レイティング:R18+ オーストラリア・プレミア
監督:マイケル・バートレット 出演:RJミッテ、リンジー・ホウン、ブレイク・ベリスほか
■上映日:4月10日(木)7PM
 

『ナイツ・オブ・バッドアスダム/Knights of Badassdom』(2013年アメリカ)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:ジョー・リンチ 出演:ピーター・ディンクレージ、ライアン・クワンテンほか
■上映日:4月11日(金)9PM
 

『西遊記之大閙天宮/Monkey King 3D』(2014年中国)
言語:中国語(英語字幕) レイティング:M
監督:ソイ・チェン 出演:ドニー・イェン、チョウ・ユンファ、アーロン・クオック、ピーター・ホーほか
■上映日:4月13日(日)12: 45PM
 

『エスケープ・フロム・トゥモロー/Escape from Tomorrow』(2013年アメリカ)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:ランディ・ムーア 出演:ロイ・アブラモソーン、エレナ・シュバー、ケイトリン・ロドリゲスほか
■上映日:4月13日(日)1:30PM
 

<QLDショーケース>
『ポリゴン/The Polygon』(2014年オーストラリア/アメリカ/カザフスタン)

言語:英語/カザフスタン語(英語字幕) レイティング:18+ ワールド・プレミア
監督:キンバリー・ジョセフ 
■上映日:4月11日(金)7PM
スペシャル・イベント:上映後、監督キンバリー・ジョセフによるQ&Aセッション
 

『ルーカス・ルーカス/The Coolangatta Gold』(1984年オーストラリア)
言語:英語 レイティング:PG
監督:アイガー・オージンズ 出演:ジョス・マクウィリアム、ニック・テイト、コリン・フリルス、ジョセフィン・スマルダースほか
■上映日:4月12日(土)2:45PM
 

『ロドニー・フィックル・オンライン・アスリート/Rodney Fickle Online Athlete』(2013年オーストラリア)
言語:英語 レイティング:R18+
監督:スコット・ディクソン 出演:アイザック・ムーディ、スージー・マクカン、ケイン・サロタほか
■上映日:4月12日(土)7:15PM
 

<クール・ジャパン>
『劇場版NARUTO-ナルトーロード・トゥ・ニンジャ/Road to Ninja』(2012年日本)

言語:日本語(英語字幕) レイティング:18+ オーストラリア・プレミア
監督:伊達勇登 声の出演:竹内順子、中村千絵、杉山紀彰、日野聡ほか
■上映日:4月12日(土)6PM
 

<無料プログラム>
『ネバー・エンディング・ストーリー/The Never Ending Story』(1984年アメリカ)

言語:英語 レイティング:G
監督:ジョージ・ミラー 出演:ジョナサン・ブランディス、ケニー・モリソン、クラリッサ・バートほか
■上映日:4月5日(土)6PM
会場:Upper Coomera Community Centre , 90 Reserve Rd., Upper Coomera
 

プリンセス・ブライド・ストーリー/The Princess Bride』(1987年アメリカ)
言語:英語 レイティング:PG
監督:ロブ・ライナー 出演:ケイリー・エルウェス、ロビン・ライト、マンディ・パティンキンほか
■上映日:4月6日(日)6PM
会場:Palm Beach Parklands, 945 Gold Coast Hwy., Palm Beach
 

『メリー・ポピンズ/Mary Poppins』(1964年アメリカ)
言語:英語 レイティング:G
監督:ロバート・スティーヴンンソン、ハミルトン・S・ラスク 出演:ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイクほか
■上映日:4月12日(土)12PM・3PM
会場:Helensvale Library and Community Centre, Cnr. Lindfield Rd. & Sir John Overall Dr., Helensvale

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る