【6月】ガブス・ビア・サイダー&フード・フェスト2018、スパノバ・ポップ・カルチャー・エキスポ、エターナル・ボイスほか


■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

FESTIVAL

ビビッド・シドニー
Vivid Sydney


ビビッド・シドニーは、光と芸術で作り上げられる世界最大級のアート・ギャラリー「ビビッド・ライト」、オーストラリア国内外の最先端を走るミュージシャンたちのライブ「ビビッド・ミュージック」、各界の奇才たちのトークやさまざまなワークショップが楽しめる「ビビッド・アイデア」の3部構成となっている。更に今年は10周年という節目でもあるので、ぜひシドニーの街のライト・アップを見に行こう。

▼会場:シドニー市内各所
▼日程:開催中~6月16日(土)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
★Web: www.vividsydney.com

ガブス・ビア・サイダー&フード・フェスト 2018
GABS Beer, Cider & Food Fest 2018


選りすぐりのビールとサイダーを味わえるまたとないチャンス。オーストラリア、ニュージーランドから170ものブルワリーやサイダー・メーカーが同イベント限定のオリジナルのビールやサイダーを提供する。たくさんのストリート・フードの屋台も立ち並び、試飲・試食イベントやライブ・パフォーマンスも行われる。お気に入りの1杯を求めて、それともコンプリートを目指して歩き回ってみては。

▼会場:Sydney Showground, Halls 3 & 4(1 Showground Rd., Olympic Park)
▼日時:6月2日(土)【セッション1】11:30AM~4:30PM、【セッション2】6PM~11PM
▼料金:シングル・セッション$40、ビア・バディーズ(5~9人)各$35、(10人以上)各$30、シーズン・パス$65
▼Email: contact@gabs.beer
★Web: www.gabsfestival.com/sydney-intro

チャンド・ラー・イド・フェスティバル
Chand Raat Eid Festival


チャンド・ラー・イド・フェスティバルは、イスラム教の祝日である「イド・アル=フィトル」、ラマダン(イスラム教で断食をする月)の終わりを祝して行われるイベントだ。チャンド・ラーとは、イド・アル=フトルの「月の夜」を意味する。今年はオーストラリアで開催20周年を迎え、会場には多くのブースが並び、ステージ上ではいろいろなパフォーマンスが行われる。シドニーの他、メルボルンでは6月15日に、パースでは16日に開催される。

▼会場:Rosehill Gardens(James Ruse Dr., Rosehill)
▼日時:6月14日(木)3PM~12AM
▼料金:プログラムにより異なる
▼Tel: 1300-786-124
▼Email: info@chandraat.com
★Web: www.chandraat.com/sydney-chand-raat

パチャママ・フェスティバル
The Pachamama Festival


パチャママ・フェスティバルは、ラテン・アメリカにおける先住民アーティストのアート作品や映画、ダンスなどの文化を通して、その土地を知ることや祝うことを目的としたイベントだ。6月15日のステージ・ライブやパフォーマンスが行われるオープニング・ナイトから始まり、先住民が話していた独特の言葉遣いや食べ物に関するワークショップ、ラテン・アメリカの映画をバーチャル・リアリティー(VR)で体験することもできる。

▼会場:Addison Road Picture House(142 Addison Rd., Marrickville)
▼日程:6月15日(金)・16日(土)
▼時間・料金:プログラムにより異なる
★Web: www.sydneylatinofilmfestival.org/pachamama-festival

スパノバ・ポップ・カルチャー・エキスポ
Supanova Pop Culture Expo

©Supanova Pop Culture Expo
©Supanova Pop Culture Expo

アニメ、漫画、ゲーム、SFやファンタジー映画などのブースはもちろん、実際にアニメの声優やスーパー・ヒーロー役の有名人など豪華なゲストに会える祭典。コスプレでの参加も可能だ。『アロー』でおなじみのスティーブン・アメルはシドニーのみの出演となっており、他にも『進撃の巨人』のミカサ役の声を務めるトリーナ・ニシムラなど多彩な顔ぶれがそろうことになっている。ポップ・カルチャーの世界にどっぷりと浸かることができるだろう。

▼会場:The Dome, Sydney Showground(1 Showground Rd., Sydney Olympic Park)
▼日時:6月15日(金)~6月17日(日)、金1PM~7PM、土・日10AM~6PM
▼料金:ウィークエンド・パス$70、デー・パス$32、子ども(12歳以下)無料
★Web: www.supanova.com.au

クラフト&キルト・フェアー
The Craft & Quilt Fairs


30年以上も続く工芸品やキルトに特化したイベント。工芸品と言っても布地や刺繍(ししゅう)などに関するパターンやデザイン、書籍、工具などがほとんどを占める。その他、テキスタイル・アートやジュエリーの製作物などの出展者も並ぶ。クラフト・ショーやゲスト・スピーカーによるプレゼンテーション、実物販売なども行われるため、生地や布、裁縫などに興味があれば、ぜひ足を運んでオーストラリア国内外から集まる品々を見てみるのはいかがだろうか

▼会場:ICC Sydney Theatre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:6月20日(水)~6月24日(日)9AM~4:30PM
▼料金:【ワンデー・チケット】<窓口>大人$22、シニア・カード保持者$20、年金・障がい者年金受給者$18、子ども(5~16歳)$10、(4歳以下)無料、ファミリー(大人2人+子ども2人)$52、<オンライン>大人$20、シニア・カード保持者$18、年金・障がい者年金受給者$17、子ども(5~16歳)$9、(4歳以下)無料、ファミリー(大人2人+子ども2人)$47【マルチ・デー・チケット】<2日間>$42(窓口)、$38(オンライン)、<3日間>$60(窓口)、$54(オンライン)、<4日間>$76(窓口)、$72(オンライン)、<5日間>$105(窓口)、$94(オンライン)【グループ(10人以上)】各$17
▼Tel: (02)9452-7575
▼Email: craft@expertiseevents.com.au
★Web: www.craftfair.com.au/wp/Sydney

グッド・フード&ワイン・ショー
Good Food & Wine Show


オーストラリア最大規模の「食べ物とワインを味わえる祭典」。有名シェフによるマスター・クラスや、100以上のオーストラリア国内外の出展者が提供する新ブランド、新製品を誰よりも早く味わうことができるチャンスだ。シェフのオリジナル・レシピを知ることも、肉、チーズなどさまざまな料理を食べることも、無料のワイン・テイスティングを体験することもできる。友達や家族と一緒に新作のフードやワインを堪能し、新しい食の冒険に出掛けよう。

▼会場:ICC Sydney Theatre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日程:6月22日(金)~6月24日(日)
▼時間:金・土10AM~6PM、日10AM~5PM
▼料金:【早期:19日まで】大人$25(金)$30(土・日)、子ども(7~17歳)$15(金)$20(土・日)、グループ(6人以上)$21(金)$26(土・日)、フレキシ・パス$35 【20日以降】大人$30(金)$35(土・日)、子ども(7~17歳)$20(金)$25(土・日)、フレキシ・パス$40
▼Email: tickets@lup.com.au
★Web: www.goodfoodshow.com.au

 

MUSIC

エターナル・ボイス
ETERNAL VOICES


シドニー・チルドレンズ合唱団によるエターナル・ボイス。芸術監督は、同合唱団の生みの親でもあるリン・ウィリアムズが務める。中世の作曲家ビルデガルト・フォン・ビンゲンやクラシック作曲家のエリクス・エセンバルズ、オーストラリアの作曲家・エレナ・カッツ=チェルニンなどによる音楽でプログラムが組まれている。魅力的な演奏スタイルで高い評価を得ている合唱団の歌声を生で聴けるチャンス。

▼会場:City Recital Hall(2-12 Angel Pl., Sydney)
▼日時:6月14日(木)7PM~
▼料金:一般$65、コンセッション$55、会員$55、グループ(4人以上)$50、30歳以下$40
▼Tel: (02)8256-2222
★Web: www.cityrecitalhall.com/events/eternal-voices

ビヨンド・ザ・バリケード
BEYOND THE BARRICADE


『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア!』『シカゴ』など古今東西、世界中で愛されているミュージカルの中から人びとを魅了し続ける曲を堪能できるコンサートがオーストラリアにやって来る。イギリスを始め、ヨーロッパ全域で16年間にわたり活動を続け高い評価を得ているビヨンド・ザ・バリケードが初のオーストラリア・ツアーを開催。構成メンバーは、アンディ・レイス、デビット・フォーセット、ケイティ・リーミング、ポピー・ティアニーだ。

▼会場:The State Theatre(49 Market St., Sydney)
▼日時:6月26日(火)8PM~
▼料金:$75~85
▼Tel: (02)9373-6655
★Web: www.beyondthebarricade.com.au

オープン・フレーム:ルーム40
OPEN FRAME: ROOM40


毎年開催の「ルーム40」による音楽とメディアの祭典。「体験する音楽」が提供され、今年はメルボルン出身のパフォーマンス・アーティストとして活躍するキャット・ホープや、ミニマル・ミュージックにおいてスティーブ・ライヒ、ラ・モンテ・ヤングと並び巨匠とされるシャルルマーニュ・パレスタインも出演する。また、クラブ・ミュージックで有名な中国出身の女性アーティスト、パン・ダイジンは6月29日に登場する。魂が震え、体が勝手に動き出しそうになる音楽の波に身を投じてみる日があっても良いのでは。

▼会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
▼日時:6月28日(木)、6月29日(金)8PM~
▼料金:$35
★Web: www.carriageworks.com.au/events/open-frame-room40-2

スティーブン・イッサーリス・プレイズ・ショスタコービチ
STEVEN ISSERLIS PLAYS SHOSTAKOVICH

©Jean-Baptiste Millot
©Jean-Baptiste Millot

世界的に有名なチェロ奏者であるスティーブン・イッサーリスが、ソビエト時代の作曲家・ショスタコービチのチェロ協奏曲を奏でる。イギリス・ロンドン出身のスティーブン・イッサーリスは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など数々の著名なオーケストラや指揮者と共演するなど、室内楽でも世界的な評価を得ている。今回は、バイオリニストのリチャード・トネッティとの共演もある。

▼会場:【6月30日、7月3、4日】Sydney City Recital Hall(2-12 Angel Pl., Sydney)、【7月2日】Sydney OperaHouse(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:6月30日(土)7PM~、7月1日(日)2PM~、3日(火)8PM~、4日(水)7PM~
▼料金:日時と会場によって異なる
▼Tel: 1800-444-444
▼Email: boxoffice@aco.com.au
★Web: www.aco.com.au/whats_on/event_detail/steven-isserlis-plays-shostakovich-2018

 

THEATRE

スノー・ホワイト
Snow White

©Jean-Claude Carbonne
©Jean-Claude Carbonne

「鏡よ鏡、世界で一番美しい人は誰?」のセリフが有名な童話からインスパイアされた同作が、バレエの世界で『スノー・ホワイト』と題してオーストラリアにやって来る。衣装はファッション・デザイナー、ジャン=ポール・ゴルチエ、舞台装置をティエリー・ルプルスト、音楽は作曲家・指揮者のグスタフ・マーラーだ。受賞歴も持つ「バレエ・プレルジョカージュ」の華やかな踊りとダークな一面も持つ同作をこの機会にぜひ見てみては。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:6月6日(水)~6月10日(日)、土2PM~、水~日7PM~
▼料金:$59~142.50
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/dance/2018/ballet-preljocaj-snow-white.html

ジプシー
GYPSY

©Sophie Wright
©Sophie Wright

同作は、実在したアメリカのストリッパーであるジプシー・ローズ・リーの回想録『ジプシー:ミュージカル・フェイブル』が基となったミュージカル。同作は映画化もされている。過激な母親とのやり取りや、ルイーズ(ジプシーの本名:ジプシー・ローズ・リーは芸名)が演劇のジャンルの1つであるバーレスクの頂点を極めていく様が象徴的に演じられている。印象深い曲の1つ『ローズ・ターン』を含め、幾つものクラシック曲を聴くことができるだろう。

▼会場:Hayes Theatre Co(19 Greenknowe Ave., Potts Point)
▼日程:開催中~6月30日(土)※6月11日(月・祝は休演)
▼時間・料金:日にちによって異なる
▼Tel: (02)8065-7337
▼Email: boxoffice@hayestheatre.com.au
★Web: www.hayestheatre.com.au/event/gypsy

アサシンズ
Assassins


『ウエスト・サイド物語』『イントゥ・ザ・ウッド』などの有名ミュージカルの作詞、作曲を手掛けるスティーブン・ソンドハイムと、脚本を担当したジョン・ワイドマンで送るミュージカル『アサシンズ』。同作は、アメリカ合衆国大統領の暗殺、暗殺未遂を目論んだ男女9人に焦点を当てたもので、その時代の音楽と合わせたシーン展開がなされる。リンカーン大統領の暗殺者ジョン・ウィルクス・ブース役をトニー賞受賞のデビッド・キャンベルが務める。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日程:6月7日(木)~7月1日(日)
▼時間:日によって異なる
▼料金:日~木$59.90~119.90、金・土$69.90~129.90
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/musical-theatre/2018/assassins.html

 

SPORTS

ステート・オブ・オリジン 2018
Holden State of Origin 2018

©Dan Gosse, Destination NSW
©Dan Gosse, Destination NSW

今年も熱い戦いが帰って来る。「ステート・オブ・オリジン」は、ラグビー・リーグのNSW州選抜(ブルース)対QLD州選抜(マルーンズ)によるオール・スター戦として、毎年スタジアムを超満員にさせる人気スポーツ・イベントの1つだ。オーストラリア国内のみならず、世界中のファンが注目している。3年連続で勝利を収めているマルーンズが連勝を伸ばすのか、はたまたブルースが栄冠をつかむのか、最後まで目が離せない。

【ゲーム2】
▼会場:ANZ Stadium(Edwin Flack Ave, Sydney Olympic Park)
▼日時:6月24日(日)7:45PM~
▼料金:$100~425
★Web: www.tickets.nrl.com/origin

アイス・ホッケー・クラシック 2018
Ice Hockey Classic 2018


長きにわたってライバル同士であるチーム・USAとチーム・カナダがオーストラリアの地で激突する。「アイス・ホッケー・クラシック」のチケットを購入すると、脳震盪(のうしんとう)や脳傷害の認知拡大などを進めるストップコンカッションズ・オーストラリア、ブレイン・インジュリー・オーストラリアへの援助にもなる。トップ・レベルのチームのスピードやテクニックなど、氷上の熱い戦いをこの機会に観戦してみては。

▼会場:Qudos Bank Arena(Edwin Flack Ave & Olympic Blvd., Sydney Olympic Park)
▼日時:6月30日(土)7:30PM~9:30PM
▼料金:大人$99~、コンセンッション$69~、子ども$59~
★Web: whatson.cityofsydney.nsw.gov.au/events/ice-hockey-classic-2018

 

DANCE

グディル・グディル
Gudirr Gudirr


オーストラリアの先住民アボリジニーにとっての過去、現在、未来にスポットを当てたメッセージ性のあるダンス作品。アボリジニーのダンサー、ダリサ・ピグラムによるソロ・ダンスの圧倒的な力強さ、激しさに感情を揺さぶられる。先住民族のダンスや空中体操、映像投影と融合したアート・パフォーマンスを披露する。彼女の魅力的で、熱いダンスを一度その目に焼き付けておくことをお勧めする。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:6月27日(水)~6月30日(土)、土2:30PM~、水~土7PM~
▼料金:$39.90~
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/first-nations/2018/gudirr-gudirr.html

 

EXHIBITION

ガディ
GADI


ガディとはオーストラリア先住民の方言で「草木」を意味する。遠い昔、オーストラリアの大地が植民地支配されるよりも前の時代、そこに住んでいた人たちには目の前に広がる大地がこのように見えたのだろう。先住民が使用しており、現在も使用されている方言などを通して、アボリジニーを含む先住民たちやトレス海峡しょ島民たちの生活を知る良い機会となるはずだ。

▼会場:Australian Museum(1 William St., Sydney)
▼日時:開催中~6月24日(日)9:30AM~4:30PM
▼料金:大人(17歳以上)$15、コンセッション$8
▼Tel: (02)9320-6000
★Web: www.australianmuseum.net.au/landing/gadi

 

FILM

シドニー・フィルム・フェスティバル
SYDNEY FILM FESTIVAL


盛大な映画祭が今年もシドニーにやって来る。世界中の注目作・人気作が一挙に上映される。今年の公式コンペティションでは審査員の1人に東京国際映画祭でもコンペティション選定ディレクターを務める矢田部吉彦氏が担当する。同氏へのインタビューと、お薦め作品を一挙にまとめた詳細は、本紙P38、39の特集を参照して欲しい。世界中から注目の作品が一堂に集まる映画祭を思う存分堪能しよう。

▼会場:The State Theatre(49 Market St., Sydney)、Event Cinemas George St(505-525 George St., Sydney)、Casula Powerhouse(1 Powerhouse Rd., Casula)他、シドニー市内各所
▼日程:6月6日(水)~6月17日(日)
▼時間:プログラムにより異なる
▼料金:大人$19.90、コンセッション$17、子ども(17歳以下)$13、グループ(10人以上)$15.50、カジュラ・コンセッション$17.50/$14.50/11.50、フレキシ・パス10 $159、フレキシ・パス20 $298、フレキシ・パス30 $397、ユース・パス6 $72
▼Tel: 1300-733-733
▼Email: tickets@sff.org.au
★Web: www.sff.org.au

 

MARKET

ザ・グリーブ・アルチザンズ・マーケット
The Glebe Artisans Market

©Mike Ody
©Mike Ody

「Artisans(アルチザン)」とは、職人や技工を意味する。グリーブ・アルチザン・マーケットでは、そうしたローカルのアルチザンたちの制作物がずらりと並ぶ。ファッションや陶芸品、ジュエリーまでさまざまなジャンルのユニークな品々に出合うことができるだろう。実際に店主である、アルチザンに会って話ができることもマーケットの醍醐味の1つだ。一目惚れするほどの一品や気の合うアルチザンに遭遇するかもしれない。

▼会場:Dr H J Foley Rest Park(140 Glebe Point Rd., Glebe)
▼日程:6月16日(土)10AM~3PM
▼料金:入場無料
★Web: www.glebeartisansmarket.org.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る