【7月】ボンダイ・ウィンター・マジック、スマッシュ!2018、リアル・インシュアランス・シドニー・ハーバー 10K & 5Kほか


■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

FESTIVAL

スケート・フェスティバル
Skating At Festivals Aus


シドニーの中心部に出来上がる本格的なアイス・スケート・リンクの上でスケートを楽しもう。毎年冬にハイド・パークの隣、セント・メアリー大聖堂の前にスケート・リンクが出現し、スケートだけでなく、いろいろなアクティビティーも用意されており、楽しめる。特設のフード・トラックもあるので暖かい食事も味わえるだろう。大人も子どももぜひ足を運んでみては。

▼会場:Cathedral Square(St Marys Rd., Sydney)
▼日時:開催中~7月22日(日)、月~水10AM~9PM、木・金10AM~11PM、土9AM~11PM、日9AM~10PM
▼料金:大人(14歳以上)$28、子ども(5~13歳)$21、(5歳未満)$10、家族(大人2人+14歳以下の子ども2人)$89
▼Email: info@skatingat.com.au
★Web: www.sydney.skatingat.com.au

ボンダイ・ウィンター・マジック
Bondi Winter Magic

©Waverley Council
©Waverley Council

ボンダイ・エリアの冬のお楽しみが今年もやって来る。特設アイス・スケート・リンクでスケートを思い切り楽しむことができる他、150を超えるアーティストたちによる新作パフォーマンスが行われる「BondiFeast」(7月17~28日開催)や、ボンダイ・パビリオン・ギャラリーでの各種アート展示なども開催。お祭り気分を一度に味わうことができるだろう。毎週土曜・日曜日に行われているボンダイ・マーケットやファーマーズ・マーケットにもぜひ訪れよう。

▼会場:ボンダイ・ビーチ周辺
▼日時:開催中~7月22日(日)10AM~9PM
▼料金:大人$22、子ども(5~13歳)$18、(4歳以下)$12、家族(大人2人+子ども2人)$69
★Web: www.bondiwintermagic.org.au

ナイドック・ウィーク
NAIDOC Week


「NAIDOC」とは、アボリジニーやトレス海峡しょ島民の文化や歴史、芸術などの認知拡大を推し進める委員会「National Aborigines and Islanders Day Observance Committee」の頭文字を取ったもの。ナイドック・ウィークは毎年7月第2週目、第2金曜日を「ナショナル・アボリジニー・デー」とし、彼らの歴史や文化、功績を祝う時期としている。今年のテーマは「Because of her, we can」で、13日には彼らの認知拡大や活動をたたえる「2018 ナショナル・ナイドック・アワード・セレモニー」が開催される。

▼会場:オーストラリア全国
▼日程:7月8日(日)~15日(日)
★Web: www.naidoc.org.au

バスティーユ・フェスティバル・シドニー
Bastille Festival Sydney


7月14日のフランスの祝日「バスティーユ・デー」のスピリットを肌で感じよう。昨年から「バスティーユ・フェスティバル・シドニー」の名称に変更し、今年は更にパワーアップして帰って来る。4日間にわたる同イベントでは、華やかでセクシーなフレンチ・カン・カンのショーや4つの特設フード・ビレッジ、8つのワインバー・ビアガーデンに加え、特設ステージでの音楽・DJライブ、野外映画の上映など多くのストリート・ライブ・パフォーマンスを味わえる。

▼会場:The Rocks, Sydney
▼日時:7月12日(木)~15日(日)
▼時間・料金:プログラムによって異なる
▼Tel: (02)8065-5071
▼Email: contact@bbr-agency.com
★Web: www.bastillefestival.com.au

スマッシュ! 2018
SMASH! 2018

©SMASH!
©SMASH!

マンガやアニメなど日本のポップ・カルチャーが一堂に会する祭典「スマッシュ!」が今年も開催される。コスプレ・コンテストやトーク・イベント、アーティスト・マーケットなど盛りだくさんの内容だ。今年のゲストには、ゲーム・クリエイターの横尾太郎氏、声優のスパイク・スペンサー氏や代永翼氏などが予定されている。弊紙2018年5月号の「スマッシュ!」主催の非営利団体・代表のアンドリュー・キウ氏のインタビューも参考に、オーストラリアを熱狂させる日本のポップ・カルチャーの祭典を堪能してみては。

▼会場:ICC Sydney(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:7月14日(土)9:30AM~6PM、7月15日(日)9:30AM~5PM
▼料金:【デー・パス】$41、【ウィークエンド・パス(両日入場可能)】$56.37
★Web: www.smash.org.au

 

MUSIC

第29 回オーストラリア国際音楽フェスティバル
29th Australian International Music Festival


ワールド・プロジェクトが主催するオーストラリア国際音楽フェスティバルは今年で第29回目を迎える。同フェスティバルはオーストラリアを始めとする、中国、ニュージーランド、日本、シンガポール、アメリカなど900の楽団から1,300人もの演奏者たちが幅広く集まるシドニーで毎年開催されている音楽イベント。合唱団のコラボレーションや、吹奏楽やオーケストラなど、足を運んで音楽を思い切り楽しんでみよう。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point ,Sydney)、City Recital Hall(2 Angel Pl., Sydney)、St Andrew’s Cathedral(Cnr. George and Bathurst Sts.,Sydney)
▼日時:7月1日(日)~8日(日)
▼料金:場所によって異なる
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.world-projects.net/festivals/australian-international-music-festival

ジョイス・ヤン:2018 インターナショナル・コンサート・シーズン
JOYCE YANG: 2018 International Concert Season

©Keith Saunders
©Keith Saunders

ジョイス・ヤンは韓国出身のピアニストで、2005年に若干19歳で第12回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで銀賞を受賞。世界各国の著名なオーケストラとの共演経験がある彼女のオーストラリア初ツアーでは、ショパンやドビュッシー、ラフマニノフ、グリーグらの演奏が予定されている。彼女の洗練された“音”を感じてみてはどうだろうか。7月23日にシドニーで行われるチケットや、その他会場のプロモーション・コードのキャンペーンもあるので、本紙5ぺージをチェックしてみよう。

▼会場:City Recital Hall(2 Angel Pl., Sydney)
▼日時:7月14日(土)2PM~、23日(月)7PM~
▼料金:$50~
▼Tel: (02)8394-6666
▼Email: contact@musicaviva.com.au
★Web: www.musicaviva.com.au/yang

スミ・ジョー in マッド・フォー・ラブ
Sumi Jo in Mad for Love


「神からの贈り物」「ゴールデン・ボイス」などと、有名指揮者や音楽評論家がその声をたたえるスミ・ジョー。韓国出身のソプラノ歌手である彼女は、オペラやリサイタルなど世界各地で活動し、著名な指揮者や交響楽団と共演するなど、名立たるオペラの舞台に立ち、多くの称賛を得ている。リサイタル・ホールで行われる舞台で、華麗な美しさを放つ声を聞けるこのチャンスをお見逃しなく。

▼会場:City Recital Hall(2 Angel Pl., Sydney)
▼日時:7月19日(木)7:30PM~
▼料金:【A席】スタンダード$169、メンバー会員$159、コンセッション$149、グループ$139、学生$99【B席】スタンダード$129
▼Tel: (02)8256-2222
★Web: www.cityrecitalhall.com/events/mad-for-love

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
STAR WARS: EMPIRE STRIKES BACK in concert

©Robert Catto
©Robert Catto

帝国軍と反乱軍の激突が激化、ヒートアップしていく様子をリアリティー溢れる映像と壮大なオーケストラと共に体験しよう。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』は、エピソード4から始まるルーク・スカイウォーカーが主人公の旧3部作の第2作目となる。聞きなじみのある有名な曲もシドニー・シンフォニー・オーケストラの演奏によって、より一層の迫力となるはずだ。スターウォーズ・ファンも初めて同作に触れる人にも聞く・観る価値があるだろう。

▼会場:ICC Sydney Theatre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:7月27日(金)7:45PM~、7月28日(土)4:45PM~
▼料金:$58.70~
★Web: www.iccsydney.com.au/visit-icc-sydney/whats-on/Star-Wars-Empire-Strikes-Back

 

THEATRE

プリシラ
Priscilla Queen of the Desert

©Ben Symons
©Ben Symons

映画『プリシラ』がミュージカルになって舞台に登場。原作映画はアカデミー衣裳デザイン賞を受賞しているため工夫が凝らされた衣装に注目してみるのも面白い。同作はオーストラリアを舞台とし、シドニーに住む3人のドラァグ・クイーン(女装した男性)がアリス・スプリングスまで「プリシラ号」と名付けられたバスで旅をする物語。今回のツアーで10周年を迎えた陽気な心温まる舞台をぜひこの機会に。

▼会場:Capitol Theatre(13 Campbell St., Haymarket)
▼日程:開催中~7月21日(土)
▼時間・料金:日にちによって異なる
★Web: www.priscillathemusical.com.au

ハロー、ビューティフル!
Hello, Beautiful!

©Andrew Bott
©Andrew Bott

劇作家、作家、脚本家など多彩な顔を持つハニー・レイソンが執筆した『ハロー、ビューティフル!』。同作は、日々の日常を彼女の視点で切り取った逸話などを集めたもので、今回ミュージカルとして演じられるのは、その中から厳選された幾つかのストーリーだ。彼女が描くテーマは現代オーストラリア人の日常生活から直面する政治的関心にまで及ぶ。ミュージカルを通して、彼女が出合ったことやオーストラリアの日常に思いを馳せてみる時間を作ってみてはどうだろうか。

▼会場:SBW Stables Theatre(10 Nimrod St., Darlinghurst)
▼日時:7月9日(月)~14日(土)、月~金7PM~、土2PM~/7PM~、7月11日(水)のみ2PM~/7PM~、日休
▼料金:$35
▼Tel: (02)9361-3817
▼Email: boxoffice@griffintheatre.com.au
★Web: www.griffintheatre.com.au/whats-on/hello-beautiful

夜中に犬に起こった奇妙な事件
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time

©Brinkhoff / Mögenburg
©Brinkhoff / Mögenburg

作家マーク・ハッドンの推理小説『夜中に犬に起こった奇妙な事件』がミュージカルに。脚色は劇作家のサイモン・ステファン、演出は芸術監督でもありトニー賞やオリビエ賞を受賞したこともあるマリアンヌ・エリオットが務める。物語は、アスペルガー症候群の15歳の主人公クリストファー・ボーンが、近所のシアーズ夫人の愛犬が殺された現場に出くわすシーンから始まり、その後事件の調査に乗り出すことになる。大ベストセラーにもなった同小説の世界を味わってみては。

▼会場:Roslyn Packer Theatre(22 Hickson Rd., Walsh Bay)
▼日時:7月4日(水)~28日(土)
▼時間・料金:日にちによって異なる
▼Tel: (02)9250-1999(Roslyn Packer Theatre)
★Web: www.curiousincident.com.au

スワン・レイク・オン・アイス
Swan Lake on Ice

©David Wyatt
©David Wyatt

クラシック・バレエの名作『白鳥の湖』を最高級のアイス・ショーを手掛ける集団インペリアル・アイス・スターズが氷上で新しい世界へと昇華する。同集団は、今回監督を務め振付師でもあるトニー・アーサー、ライブ・エンターテインメントのプロデューサー、ジェームス・カンダルらによって作られ、氷上でのミュージカル「シアター・オン・アイス」という新ジャンルを確立、世界中にその魅力を推し広げている。一度チェックしてみてはいかがだろうか。

▼会場:Capitol Theatre(13 Campbell St., Haymarket)
▼日程:7月25日(水)~29日(日)
▼時間・料金:日にちによって異なる
▼Email: capitol@ctm.com.au
★Web: www.capitoltheatre.com.au/swan-lake-on-ice

 

EXHIBITION

池田亮司:ミクロ|マクロ
Ryoji Ikeda: MICRO | MACRO

©Ryoji Ikeda, the planck universe [micro], 2015 Image Martin Wagenhan, Courtesy of ZKM | Karlsruhe
©Ryoji Ikeda, the planck universe [micro], 2015 Image Martin Wagenhan, Courtesy of ZKM | Karlsruhe

フランス・パリに拠点を持つ電子音楽、実験音楽のミュージシャンであり、現代アーティストの顔も持つ池田亮司氏。同氏が今回シドニー、キャリッジワークス内で「ミクロ|マクロ」と題し、インスタレーションの作品展示を行う。「私の作品は、音や光、正弦波、ピクセル、データの世界を分解し創出することで、世界を違った視点から見つめることができる」と同氏は話す。そんな同氏の創造物を全身で楽しんでみてはいかがだろうか。

▼会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
▼日時:7月4日(水)~29日(日)、毎日10AM~6PM
▼料金:無料
▼Tel: (02)8571-9099
▼Email: info@carriageworks.com.au
★Web: www.carriageworks.com.au/events/ryoji-ikeda-micro-macro

アニメ・アーキテクチャー
ANIME ARCHITECTURE

Illustrator: Takashi Watabe, ©2004 Shirow Masamune / KODANSHA・IG, ITNDDTD
Illustrator: Takashi Watabe, ©2004 Shirow Masamune / KODANSHA・IG, ITNDDTD

アニメ・アーキテクチャーは、世界にも影響を与える日本のサイバーパンク・アニメーションの中で描かれる架空の都市空間や建築物が、実際の鉛筆画から仕上がっていく過程や、グラフィック・デザイナー・小倉宏昌氏らの作品を見ることができる。8月1日には、同氏と日本アニメに造詣が深い映画監督のフィリップ・ブロフィとのトーク・ショーが開催される。日本のアニメの制作の様子や小倉氏の経験などについて語られる。また、アニメーション映画の『パトレイバー』や『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のオリジナル作品も展示されているので、この機会にぜひ。

▼会場:The Japan Foundation, Sydney(Level 4, Central Park, 28 Broadway, Chippendale)
▼日時:開催中~8月11日(土)、月~木10AM~8PM、金10AM~6PM、土10AM~3PM、日・祝休
▼料金:無料
▼Tel: (02)8239-0055
▼Email: reception@jpf.org.au
★Web: www.jpf.org.au/events/anime-architecture

 

OPERA

リゴレット
Rigoletto

©Jeff Busby
©Jeff Busby

『リゴレット』はジュゼッペ・ベルディ作曲の全3幕から成るオペラだ。舞台はイタリア、マントバ。マントバ公爵に仕える道化師リゴレットは一人娘を持つ父親だが、女たらしな公爵がリゴレットの娘にも手を出してしまう。女性をとっかえひっかえする公爵にリゴレットは殺し屋に暗殺を依頼する。劇中で歌われる『女心の歌』は一度は耳にしたことがあるだろう名曲。オペラ史に名を残すベルディの作品をぜひ劇場で堪能しよう。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日程:7月6日(金)~8月24日(金)
▼時間:曜日によって異なる
▼料金:$46~
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/opera-australia/2018/rigoletto.html

アイーダ
Aida

©Georges Antoni
©Georges Antoni

ジュゼッペ・ベルディが作曲し、敵国同士であるエジプトとエチオピアの男女の恋愛を描いたオペラ『アイーダ』。古代エジプトを背景としている同作は、エジプトを深く思い描き、感じさせる作品となっている。特に有名なのが、劇中で歌われる『凱旋行進曲』だ。同曲はサッカーの試合でサポーターが歌う曲としてもよく聞かれる。エジプトを想像しながら国家の存亡を懸けた中での男女の恋愛ドラマをぜひ会場で楽しんでみては。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日程:7月18日(水)~8月31日(金)
▼時間:曜日によって異なる
▼料金:$46~
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whats-on/opera-australia/2018/aida.html

 

SHOW

フィール・ザ・ビート
Feel the Beat


華やかで荘厳な舞台セットで、きらめくコスチュームを身にまとってショーを行うプロデュース集団「カンバーランド・コメディー・ショー」。さまざまなタイプのミュージカル・コメディーを演じ上げる同集団には20個のオーケストラに加え、熱狂的な若者150人が在籍し、最高のキャッチーな歌と踊りを披露する。今年はリバーサイド・シアターで「Feel the Beat」と題し、劇場を、街を盛り上げる。全力のステージ・パフォーマンスに心も体も楽しめるはずだ。

▼会場:Riverside Theatres(Cnr. Market & ChurchSts., Parramatta)
▼日程:7月13日(金)~15日(日)、18日(水)、20日(金)・21日(土)
▼時間:日にちとプログラムによって異なる
▼料金:【A席】大人$35、ユース(15~26歳)$29、子ども(14歳以下)$23【B席】大人$32、ユース(15~26歳)$26、子ども(14歳以下)$20
▼Tel: (02)8839 -3399
▼Email: boxoffice_riverside@cityofparramatta.nsw.gov.au
★Web: www.riversideparramatta.com.au/show/cumberland-gang-shows-feel-the-beat

第18回ヘルプマン・アワード
18th Annual Helpmann Awards

©Lightbox Photography
©Lightbox Photography

オーストラリアの俳優ロバート・ヘルプマンをたたえるために創設され、オーストラリアのライブ・パフォーマンス業界を盛り上げている人たちに贈られる「ヘルプマン・アワード」のイベントが今年も行われる。センセーショナルなパフォーマンス、セレブリティーのゲストたちの登場など見どころ満載のプレミアムな祭典だ。シドニー市内各所で2日間にわたって行われる。オーストラリアのショービズ・ナイトを見逃さないように!

▼会場:【15日】Sydney Town Hall(483 George St., Sydney)【16日】Capitol Theatre(13 Campbell St., Haymarket)
▼日時:7月15日(日)6PM~7:30PM、16日(月)8PM~料金:$69~
▼Tel: (03)8614-2000
▼Email: info@helpmannawards.com.au
★Web: www.helpmannawards.com.au

 

SPORTS

リアル・インシュアランス・シドニー・ハーバー 10K & 5K
real Insurance Sydney Harbour 10K & 5K

©Craig Golding
©Craig Golding

シドニー湾の美しい景色を眺めながら、気持ち良くランニングを楽しもう。保険会社リアル・インシュランスが主催し、協力はチャリティー団体のラブ・ユア・シスター。ファンド・レイジングを実施しており、募金は小児がんの研究のために充てられる。10キロと5キロのコースがあり、どちらもロックスからスタートし、サーキュラー・キーからシドニー湾に沿って走る。元気に体を動かして、寒い冬を乗り越えよう。

▼会場:Overseas Passenger Terminal(130 Argyle St., The Rocks)
▼日時:7月29日(日)7:30AM(5Kスタート時刻)、8:40AM(10Kスタート時刻)
▼料金:【10K】大人$65、子ども(17歳以下)$55【5K】大人$55、子ども(17歳以下)$45
★Web: www.sydneyharbour10k.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る