【10月】シドニー・イベント/レバノン・カーニバル、ドラゴンズ・アブレスト・フェスティバル、カラー・ラン他

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

 


FESTIVAL



ディワーリー・フェスティバル
Deepavali Festival

ディワーリーとはヒンドゥー教で広く祝われている祭典で、別名「光のフェスティバル」とも呼ばれている。会場は多くの光に包れ、ライブ音楽やステージ・パフォーマンスが行われ、多くのフード・ストールも立ち並ぶ。NSW州では、シティー中心部マーティン・プレイス、西部のパラマタ、ラウズ・ヒルで行われる。他にもアデレード、キャンベラでも行われる。異文化を体験しに訪れてみては。

▼会場:NSW州各所
▼日程:10月27日(土)~(場所によって日にちが異なる)
▼時間:場所によって異なる
▼料金:無料
▼Email: info@deepavali.com.au
★Web: www.deepavali.com.au


レバノン・カーニバル
Lebanon Carnival 2018

レバノン文化を祝うためのお祭りがダーリング・ハーバーで今年も開催される。レバノンの伝統的な民族ダンスを推進する「The Cedars of Lebanon FolkloricGroup」によって主催され、カーニバル当日は、伝統衣装で踊るさまざまなダンスやパフォーマンスを観覧することができる。レバノン文化を体験する貴重な機会となるはずだ。

▼会場:Tumbalong Park(11 Harbour St., Sydney)
▼日時:10月7日(日)11AM~5PM
▼料金:入場無料
★Web: www.clfg.org


オクトーバーフェスト・イン・ザ・ガーデンズ
Oktoberfest in the Gardens 2018

「オクトーバーフェスト・イン・ザ・ガーデンズ」が今年もシドニーで開催される。市内中心部にあるハイド・パーク近くのドメインが会場となり、緑いっぱいの中でドイツ・ビールを堪能できる。サイダーやドイツ・ワインなど、ビール以外のドイツの地酒やプレッツェル、ミートローフなどの本格ドイツ料理もあり、音楽イベントと共に楽しめるだろう。パース、アデレード、メルボルンでも開催される同イベントは、チケット完売になることもあるため購入はお早目に。

▼会場:The Domain(St Marys Rd., Sydney)
▼日時:10月27日(土)1PM~9PM
▼料金:$69.90
▼Email: info@oktoberfestinthegardens.com.au
★Web: www.oktoberfestinthegardens.com.au


©The Shutter Co.

ウィリアム・ストリート・フェスティバル
William Street Festival 2018

シドニー西部に位置するエリア、パディントン。その中心であり、高品質なブティックやバー、飲食店が軒を連ねる「ウィリアム・ストリート」で楽しい1日限りの祭りが今年も開催される。飲食しながらファッション・アイテムやジュエリーなど買い物を楽しめたり、アート作品を見たりライブ・ミュージックを満喫できるだろう。今月は本紙36、37ページでもパディントン・エリアを紹介しているので、併せて参考にしたい。

▼会場:William St., Paddington
▼日時:10月20日(土)11:30AM~10PM
▼料金:無料
▼Email: claudia@beproductions.com.au
★Web: visitpaddington.com.au/event/william-street-festival-2018/

 


MUSIC



アルバ・ノト&坂本龍一
Alva Noto & Ryuichi Sakamoto

日本人音楽家の坂本龍一とエレクトロニック・ミュージシャンであり実験音楽家でもあるアルバ・ノトとのコラボレーションが、シドニー・オペラ・ハウスに初めて登場。2002年から両者はコラボレーション活動を続け、これまでに共に6枚のアルバムをリリース。近年では、映画『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽を共同制作している。2人のピアノとエレクトロニクスの交じり合う音楽を体験できるまたとないチャンス。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日時:10月21日(日)8PM~
▼料金:プレミアム $129、A席$105、B席$95、C席$75
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: www.sydneyoperahouse.com/events/whatson/Contemporary-Music/2018/alva-noto-ryuichisakamoto.html


©IL Divo

イル・ディーボ
IL Divo

イル・ディーボは男性4人組のボーカル・グループ。4人はアメリカ、フランス、スイス、スペイン出身という国際色豊かな面々だ。これまでに世界でアルバム・セールスは3,000万枚を数え、他にも数々の受賞、
偉業を達成してきた。東日本大震災の際には被災地を訪ねたり、今年9月には日本全国ツアーを終えたばかりだ。4人の華麗なる声もさることながら、すばらしいパフォーマンスも見るためにぜひ会場に足を運びたい。

▼会場:ICC Sydney Theatre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:10月25日(木)7:45PM~
▼料金:$127.35~
▼Tel:(02)9215-7100
▼Email: info@iccsydney.com
★Web: www.iccsydney.com.au/visit-icc-sydney/whats-on/Il-Divo


ケシャ
Kesha―Rainbow Tour

ケシャはアメリカのポップ・シンガーであり、シンガー・ソング・ライター。全世界トータル・セールスが1,300万枚を超え、初のシングル「Tik Tok」が全米シングル・チャート9週連続1位や、アルバム「Animal」が全米アルバム・チャート初登場1位など、日本でもブレークしている歌手の1人だ。今回は、2017年に発表した最新アルバム「RAINBOW」の披露アーであり、シドニーの他、メルボルンを訪れる。

▼会場:ICC Sydney Theatre(14 Darling Dr., Sydney)
▼日時:10月11日(木)8PM~
▼料金:$79.90~
▼Tel:(02)9215-7100
▼Email: info@iccsydney.com
★Web: www.iccsydney.com.au/visit-icc-sydney/whats-on/Kesha


©Tiptoe Giants

シール・マッドネス
Shir Madness―Sydney Jewish Music Festival

シール・マッドネスはオーストラリアにおけるユダヤ人の音楽やパフォーマンスを祝う祭り。今年は改装を行った、エマニュエル・シナゴーグで開催される。プロのパフォーマーも含め、多くの若手アーティストやキッズ・コンサートも予定されている。他にもビジュアル・アーティストらによる作品も展示されている。ユダヤ文化を全身で感じる1日にしよう。

▼会場:Emanuel Synagogue(7 Ocean St., Woollahra)
▼日時:10月7日(日)11AM~10PM
▼料金:一般$75、家族(大人2人+子ども2人)$175、子ども(12歳以下)無料
▼Email: info@shirmadness.com
★Web: www.shirmadness.com


CHARITY



ドラゴンズ・アブレスト・フェスティバル
Dragons Abreast Festival

毎年開催の、乳がんと闘う人たちへの支援を行う団体「ドラゴン・アブレスト」によるチャリティー・イベントが今年もダーリング・ハーバーで行われる。同イベントは、ドラゴン・ボート・スポーツを通して、乳がんに対する認知を高めることを目的としている。参加条件として1チーム20人前後での参加を推奨しており、登録料は2,000ドル~。トレーニング・セッションが設けられ、イベント当日は少なくとも3回の200メートル・レースが行われる。観戦は無料。

▼会場:Cockle Bay, Darling Harbour
▼日程:10月20日(土)
▼時間:9AM~
▼料金:観戦無料
▼Tel: 0434-906-208
▼Email: festival@dragonsabreast.org.au
★Web: www.dragonsabreastfestival.com.au


©Leukaemia Foundation

ライト・ザ・ナイト
Light the Night

「白血病研究基金(The LeukaemiaFoundation)」が主催する、白血病やリンパ腫、骨肉腫などの血液系がんと闘う患者と、その家族のためのチャリティー・イベント。愛する人を病気で亡くした人はゴールド、自身が闘病中の人はホワイト、そして闘病患者を支える人や団体はブルーのランタンを灯ともし、それぞれの思いを胸にバランガルー地区を歩くという内容だ。参加費は無料だが、募金への協力を促している。

▼会場:オーストラリア各所
▼日時:10月5日(金)~11月24日(土)
▼時間:場所によって異なる
▼料金:無料
▼Tel: 1800-500-088
★Web: www.lightthenight.org.au

 


EXHIBITION



レイニング・メン:ファッション・イン・メンズウェア 1715―2015
Reigning Men: Fashion in Menswear, 1715–2015

レイニング・メン展では、18世紀から現代に至るまでの男性ファッションの歴史を実際の衣服を展示しながら振り返る。アレキサンダー・マックイーン、バーバリー、カルバン・クラインなど著名なメンズ・ファッション・デザイナーによる130以上ものファション展示品が並ぶ。5月から続いた同展だが、10月14日で終わりを迎えるため、この機会を逃さないようにしたい。

▼会場:Powerhouse Museum(500 Harris St., Ultimo)
▼日時:開催中~10月14日(日)、毎日10AM~5PM
▼料金:大人$20、コンセッション$13、子ども・MAASメンバー無料
▼Tel: (02)9217- 0111
▼Email: info@maas.museum
★Web: www.maas.museum/event/reigning-menfashion-in-menswear-1715-2015


©Marcel Cousins

スカルプチャー・バイ・ザ・シー
Sculpture by the Sea Bondi

ボンダイ・ビーチからタマラマ・ビーチまでの約2キロのコースタル・ウォーク沿いに設置される国内外のアーティストたちによる彫刻作品などを鑑賞できるアート・イベント。世界中から100以上の作品が集められ、ビーチ周辺の自然を満喫しながら、さまざまな種類のアートを堪能できる。天候などにより多彩な表情を見せる芸術作品と自然の融合を楽しもう。本紙40ページで、今年出展参加の日本人アーティストを紹介しているので、参考にしてみよう。

▼会場:Bondi Beach周辺
▼日時:10月18日(木)~11月4日(日)
▼料金:無料
▼Tel: (02)8399-0233
▼Email:info@nixco.com.au
★Web: www.sculpturebythesea.com

 


FILM



アンテナ・ドキュメンタリー・フィルム・フェスティバル
Antenna Documentary Film Festival

世界中のノンフィクション作品のみを集めた映画祭が、今年も開催される。オープニング・ナイトでは、ロシア連邦大統領
であるプーチンに焦点を当てた『Putin’sWitnesses』が上映され、クロージング・ナイトは、福音主義のキリスト教徒とドラァグ・クイーン(女装した男性)にフォーカスし、お互いの宗教と信念の差異を表現した『The Gospel of Eureka』が上映される。その他、6つのドキュメンタリー映画がライン・アップの予定だ。

▼会場:Palace Cinema(249 Oxford St., Paddington)、Palace Verona(17 Oxford St., Paddington)、Dendy Newtown Cinema(261-263 King St., Newtown)
▼日時:10月9日(火)~14日(日)
▼時間:プログラムによって異なる
▼料金:【一般】大人$20、コンセッション$17.50、【マルチ・パス】5本$90、10本$165、【オープニング・ナイト+パーティー】大人$45、コンセッション$30
▼Email:antenna@antennafestival.org
★Web: www.antennafestival.org


サイファイ・フィルム・フェスティバル
SciFi Film Festival

SciF(i サイファイ)とは、サイエンス・フィクションのことを指し、サイファイ・フィルムは日本語では「SF映画」とい名がなじみ深いだろう。同フェスティバルはシドニーで毎年開催されており、世界中のファンタジーやホラーなどのさまざまなジャンルのSF映画が集結する。公式ウェブサイトにプログラムが発表されているので、SFファンはもちろん、気になる作品があったら、ぜひ観にいってみよう。本紙5ページで『UFO』のチケットを5組10名様にプレゼントするキャンペーンを実施中。

▼会場:Event Cinemas George Street(505/525 George St., Sydney)
▼日時:10月18日(木)~21日(日)
▼料金:プログラムによって異なる
★Web: www.scififilmfestival.com

 


GOURMET



カリナリー・カーニバル
Culinary Carnivale

シドニー西郊フェアフィールドで行われるカリナリー・カーニバルは、スペインやラテン・アメリカのストリート・フードが数多く並び、その雰囲気を存分に味わうことができる食の祭典。他にもステージ・ショーや子どもたちも遊べるアミューズメント・ライドなどもあるので、シーフード料理やパエリア、タコスなどを堪能しながら、家族や友人みんなで楽しむ1日にしよう。

▼会場:Ware & Spencer Sts., Fairfield
▼日時:10月21日(日)11AM~4PM
▼料金:無料
▼Tel: (02)9725-0222
▼Email: mail@fairfieldcity.nsw.gov.au
★Web: www.fairfieldcity.nsw.gov.au/culinarycarnivale


グッド・フード・マンス
Good Food Month

オーストラリアの主要都市で行われている国内最大級の食の祭典が20周年を迎え、今年もシドニーで開催。同イベントでは、アジア料理の屋台を中心とした「ナイト・ヌードル・マーケット」(同期間、開催)を始め、セレブ・シェフによる特別メニューなど、ハイド・パークにポップ・アップ・レストランが多数出現する。10月は、オーストラリアのグルメを思い切り堪能しよう。

▼会場:Hyde Park(Elizabeth St., Sydney)
▼日程:10月4日(木)~21日(日)
▼料金:入場無料
★Web: www.goodfoodmonth.com/sydney

 


SPORTS



カラー・ラン
The Color Run 2018 Hero Tour

「地球上最も幸福な5キロ」のコンセプトを持つカラー・ランは、世界35カ国、600万人以上が走り、その虜とりことなってい
る。カラフルなカラー・パウダーを浴びながら走るというものでルールは2つ。①スタート地点で白いシャツを着ていること、②色が着いた状態でゴールすること。チャリティーも行っている同イベントで、最高にハッピーな5キロを走ってみてはいかがだろうか。

▼会場:Cathy Freeman Park, Sydney Olympic Park
▼日時:10月7日(日)8:30AM(スタート時刻)
▼料金:チーム(4人以上)$48. 50、大人(16歳以上)$53. 50、家族(子ども2人以上)$179、子ども(6~15歳)$43.50
▼Email: australia@thecolorrun.com
★Web: www.thecolorrun.com.au


©Katherine Griffiths

シドニー・ライズ・フェスティバル
Sydney Rides Festival

サイクリング好きにはたまらないフェスティバルが今年も約1カ月間にわたり、シドニー各地で開催される。一夜限りの開放された道路で幻想的なライトと共にサイクリングが楽しめる「ライト・ザ・シティー」(10月27日)や、マウンテン・ボードやロック・クライミングなどのアクション・スポーツを楽しめ、またBMXの展示などがされる「ビッグ・アドベンチャー」など、ユニークな催しが目白押しの1カ月となっている。

▼会場:シドニー市内各所
▼日時:10月6日(土)~27日(土)
▼料金:無料
★Web: https://whatson.cityofsydney.nsw.gov.au/major-events/sydney-rides-festival

 


ART



スペースメーカーズ・アンド・ルームシェーカーズ
Spacemakers and roomshakers installations from the collection

ギャラリー内を余す所なく活用した作品が展示される、スペースメーカーズ・アンド・ルームシェーカーズがNSWアート・
ギャラリーで開催されている。作品は、音や光、香辛料、布地、空気などを利用したインスタレーションとなっており、ギャラリーに入った瞬間にその作品群に圧倒されることだろう。特別な体験ができる同展にぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

▼会場:Art Gallery of New South Wales(Art Gallery Rd., Sydney)
▼日時:開催中~10月21日(日)、毎日10AM~5PM
▼料金:無料
▼ Tel: (02)9225-174 4
▼Email:artmail@ag.nsw.gov.au
★Web: www.artgallery.nsw.gov.au/exhibitions/spacemakers-and-roomshakers

 


THEATRE



ポップアップ・グローブ
Pop-up Globe

ポップアップ・グローブは、シェイクスピアの著名な悲喜劇を期間ごとに演じるシェイクスピアの世界を堪能するための祭典。『夏の夜の夢(A MidsummerNight’s Dream)』『ベニスの商人(TheM erc hant of Ve nic e)』『マクベス(Macbeth)』『間違いの喜劇(The Comedy of Error)』がムーア・パーク内にあるエンターテインメント・クォーターで演じられる。どっぷりとシェイクスピアの世界に浸ることができるはずなので、気になる作品がある人はスケジュールを確認することを忘れないように。

▼会場:The Entertainment Quarter(220, 122 Lang Rd., Moore Park)
▼日程:開催中~11月4日(日)
▼時間・料金:プログラムによって異なる
▼Email: australia@popupglobe.co.nz
★Web: www.popupglobe.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る