【1月】シドニー・イベント/インナー・ウエスト・フィエスタ、サンセット・シネマ、アート・バトル他

©Australia Day Council of NSW
©Australia Day Council of NSW

■料金には記載金額に発券料が加算されることもありますのでご注意ください。
■KIDS向けイベント紹介は、こちらでご紹介しています。

FESTIVAL

オーストラリア・デー
Australia Day

©Australia Day Council of NSW
©Australia Day Council of NSW

年明け最初の祝日であるオーストラリア・デーは、1788年にイギリスの第1船団がポート・ジャクソン湾に到着したことを祝う日で、オーストラリア全土でさまざまなイベントが開催される。シドニーでの催しは、水上でのジェットスキー・ショーやアボリジニーのパフォーマンス、オペラ・ハウスでのコンサートなど、盛りだくさんの内容となっている。オーストラリアの華やかな雰囲気を満喫しよう。

▼会場:オーストラリア全土
▼日程:1月26日(土)
▼時間・料金:プログラムによって異なる
▼Tel: (02)9513-2009
▼Email: australiaday@dpc.nsw.gov.au
★Web: www.australiaday.org.au

フェリーソン
Ferrython

©Prudence Upton
©Prudence Upton

フェリーソンは「フェリー」と「マラソン」を掛け合わせた造語であり、シドニー・ハーバーを駆けるフェリーのレース。サーキュラ・キーからスタートし、シャーク・アイランドまで到達した後にシドニー・ハーバー・ブリッジで華々しくゴールを迎える。ピクニックをしながら、お気に入りのフェリーを見つけ、応援してみては。

▼会場:Sydney Harbour
▼日時:1月26日(土)11AM~
▼料金:観戦無料
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/events/ferrython

インナー・ウエスト・フィエスタ
Inner West Fiesta Latin Cultural Festival


シドニーで中南米の文化を体験しよう。インナー・ウエスト・フィエスタはブラジルやメキシコ、アルゼンチンなどのラテン・アメリカ文化の多様性を祝うイベント。会場では各国の美味な料理のストールが並ぶ他、ライブ・ミュージックやダンス・ショーなどのステージ・パフォーマンス、キッズも楽しめるアクティビティーがあるため、大人から子どもまで楽しめる。家族連れや友人と共にラテン・アメリカを感じてみよう。

▼会場:Sydney Portugal Community Club(100 Marrickville Rd., Marrickville)
▼日時:1月20日(日)11AM~9PM
▼料金:大人$10、子ども(6~12歳)$5
▼Tel: (02)9552-3352
▼Email: admin@innerwestfiesta.com.au
★Web: www.innerwestfiesta.com.au

パークス・エルビス・フェスティバル
Parkes Elvis Festival

©Parkes Elvis Festival
©Parkes Elvis Festival

エルビス・プレスリーの誕生日を祝福するため毎年1月に開催されるフェスティバル。シドニーから西に約350キロ離れた街、パークスに国内外から2万人以上のファンが訪れる。今年のテーマはエルビスのシングル曲『恋にしびれて』の原題でもある「all shook up.」。5日間にわたって多種多様なプログラムが用意されており、エルビスのトリビュート・ライブやパレード、そっくりさんの大会など盛り上がること間違いなしだ。シドニーからは特別列車「エルビス特急(Elvis Express)」も運行する予定。

▼会場:パークス各所
▼日程:1月9日(水)~13日(日)
▼時間・料金:プログラムによって異なる
▼Tel: (02)6862-6000
▼Email: elvis@parkes.nsw.gov.au
★Web: www.parkeselvisfestival.com.au

シドニー・フェスティバル
Sydney Festival 2019

©Daniel Boud
©Daniel Boud

毎年世界中から有名アーティストが集まり、年明けのシドニーを沸かせるアートや音楽の祭典。今年も歌やダンス、キャバレー、サーカスなど、100近いプログラムが予定されている。インスタレーションやアート作品の屋外展示など無料で観賞・参加できるものがあるので、約1カ月間ある開催期間にさまざまな場所に足を運んでみてはいかがだろうか。もちろん家族連れや子どもたちが楽しめるイベントも多数。詳細は公式ウェブサイトをチェック。

▼会場:シドニー市内及びパラマタ各所
▼日程:1月9日(水)~27日(日)
▼時間・料金:プログラムによって異なる
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au

 

MUSIC

ベン・フロスト
Ben Frost

©Salar Kheradpejouh
©Salar Kheradpejouh

オーストラリア出身で、現在はアイスランド・レイキャビクで活動している作曲家であり音楽プロデューサーでもあるベン・フロストは、エレクトロニック・ミュージックの中にノイズを組み合わせ、作品を作り上げる。今回は、アナログ・テープやライブ・ギターなどによって彼特有の力強い音楽を構築していく。ライブでしか感じることのできないベン・フロストの世界に1歩足を踏み入れてみてはいかがだろうか。

▼会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
▼日時:1月12日(土)9PM~
▼料金:$39~49
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/events/ben-frost

ジュリア・ホルター
Julia Holter

©Cat Stevens
©Cat Stevens

アメリカ・ロサンゼルス出身のシンガー・ソング・ライター、ジュリア・ホルターがシドニー・フェスティバルの催しの一環でハイド・パークに設置される「Magic Mirrors Spiegeltent」でライブを行う。クラシックやフォーク、ポップなどを融合させたものを、エレクトロニック・チェンバロ(英語名:ハープシコード)と繊細なボーカルによってジュリア・ホルターの音へと昇華させていく。ぜひ一度彼女の歌声を聞いてみては。

▼会場:Hyde Park(Elizabeth St., Sydney)※Archibald Fountain近く
▼日時:1月20日(日)7:30PM~
▼料金:$49
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/events/julia-holter

ザ・ネックス
The Necks

©Camille Walsh
©Camille Walsh

オーストラリアの伝説的ジャズ・バンド「The Necks」は、クリス・エイブラムズ、トニー・バック、ロイド・スワントンで構成されるトリオ。ジャズに欠かせない要素である即興演奏はもちろんのこと、ジャズにとどまらずポストロック、ネオクラシカル・ミュージックを取り入れたエクスペリメントな音楽を奏でる。ビビッド・ライブやアリア・アワードの他、国際的にも評価の高い彼らのライブは必見だ。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日程:1月17日(木)~20日(日)
▼時間:全日程8PM~
▼料金:$59
▼Tel: (02)9250-7111
▼Email: infodesk@sydneyoperahouse.com
★Web: shop.thenecks.com/tour-dates

ネナ・チェリー
Neneh Cherry

©Wolfgang Tillmans
©Wolfgang Tillmans

スウェーデン出身のシンガー、ネナ・チェリーがシドニー・キャリッジワークスでライブを行う。彼女はピップ・ホップ、ハウス、ジャズ、ラップなどさまざまな音楽ジャンルの垣根を越えて活動を続けているが、何と言ってもフェミニズム思想の先駆的存在である「Riot Grrrl(ライオット・ガール)」のパンクから大きな影響を受けているという。35年のキャリアを持つ彼女の音楽、生き様を会場で感じて欲しい。

▼会場:Carriageworks(245 Wilson St., Eveleigh)
▼日程:1月15日(火)・16日(水)
▼時間:両日共8PM~
▼料金:$59~69、30歳以下$49
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/events/neneh-cherry

 

EXHIBITION

ダリ・ユニバース
The Dali Universe – Salvador Dali Sculpture Collection


20世紀を代表する画家の1人であり、超現実主義(シュルレアリスム)を代表する人物でもあるサルバドール・ダリ。彼にインスパイアを受けたシドニーを拠点とするアーティスト、チャールズ・ビリッチ。今回、彼はダリのオマージュ作品を制作・展示・販売を、自身が1985年に造ったビリッチ・ギャラリーで「The Dali Universe」のタイトルで開催されている。オーストラリア国外にもギャラリーを持つビリッチが考えるダリのイメージを見にいってみては。

▼会場:Billich Art Gallery(106 George St., The Rocks)
▼日程:開催中~1月31日(木)
▼時間:毎日9AM~7PM
▼料金:一般$10、子ども(12歳以下)無料
▼Tel: (02)9252-1481
▼Email: contactus@billich.com
★Web: www.billich.com/collections/salvador-dali-sculptures-an-exclusive-exibition-at-billich-gallery

草間彌生
Yayoi Kusama: THE SPIRITS OF THE PUMPKINS DESCENDED INTO THE HEAVENS

Yayoi Kusama THE SPIRITS OF THE PUMPKINS DESCENDED INTO HEAVENS 2017, mixed-media installation, 300 x 600 x 600 cm, National Gallery of Australia, Canberra, Purchased 2018 with the assistance of Andrew and Hiroko Gwinnett, ©Yayoi Kusama, Courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo/ Singapore/ Shanghai
Yayoi Kusama THE SPIRITS OF THE PUMPKINS DESCENDED INTO HEAVENS 2017, mixed-media installation, 300 x 600 x 600 cm, National Gallery of Australia, Canberra, Purchased 2018 with the assistance of Andrew and Hiroko Gwinnett, ©Yayoi Kusama, Courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo/ Singapore/ Shanghai

水玉模様やパンプキンのオブジェなどがトレードマークの日本を代表する芸術家の1人、草間彌生のインスタレーション作品をキャンベラにあるオーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia/NGA)で見学・体験できる。同作品は黄色で満たされた部屋の中に黒の水玉が浮かび、更に鏡張りのボックスを設置することによって無限の世界を作り出している。不思議な異空間に引き込まれるような感覚を味わえるはずだ。

▼会場:National Gallery of Australia(Parkes Pl. E, Parkes ACT)
▼日程:開催中
▼時間:毎日10AM~5PM
▼料金:入場無料
▼Email: information@nga.gov.au
★Web: www.nga.gov.au/kusama

 

FILM

フリッカーフェスト
Flickerfest International Short Film Festival


国際的な短編映画祭「フリッカーフェスト」が、ボンダイ・ビーチの目の前にあるボンダイ・パビリオンで行われる。国内外問わず応募された作品の中から厳選された優秀作品が上映される。また、オーストラリア各都市及び50を超える各国首都へのツアーも予定されている。真夏のビーチを背にさまざまな短編映画を楽しむのはどうだろうか。オンラインでのチケット購入は上映1時間前まで。それ以降は会場のチケット売り場で購入が可能だ。

▼会場:Bondi Pavilion(Queen Elizabeth Dr., Bondi Beach)
▼日程:1月11日(金)~20日(日)
▼時間:作品によって異なる
▼料金:一般$18~20、3セッション・パス$50~55、10セッション・パス$120~130、他チケット有り
▼Tel: (02)9365-6877
▼Email: coordinator@flickerfest.com.au
★Web: www.flickerfest.com.au

セント・ジョージ・オープンエア・シネマ
St. George’s OpenAir Cinema


オペラ・ハウスとハーバー・ブリッジを一望できるミセス・マッコーリーズ・ポイントで屋外映画上映イベントが行われる。会場には、3階建てに相当する巨大なスクリーンと約1,000もの観客席が設置され、夜空の下で普段とは一風変わった映画鑑賞を体験できるだろう。今年は『ボヘミアン・ラプソディ』や『アリー/スター誕生』などの話題作や最新作が上映される。また、飲料メーカーのキリンが運営する特設バーも設置され、ビールやシャンパンを片手に優雅な雰囲気を楽しもう。

▼会場:Fleet Steps(Fleet Steps Rd., Sydney)
▼日程:1月8日(火)~2月16日(土)
▼時間:作品によって異なる
▼料金:一般$40、コンセッション$38
▼Tel: 1300-366-649
▼Email: contact@cinerent.com.au
★Web: www.stgeorgeopenair.com.au

サンセット・シネマ
The Sunset Cinema


シドニー北部ノース・シドニー・オーバルで、屋外映画鑑賞イベント「サンセット・シネマ」が開催される。今年は『インスタント・ファミリー』や、ファンタスティック・ビースト・シリーズ第2作目の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』などの話題作が盛りだくさん。また、『ホームズ&ワトソン』や『メリー・ポピンズ・リターンズ』などの最新作も上映予定。会場にはフードやドリンクのストールが並ぶので、にぎやかな会場の雰囲気を楽しむのも良いだろう。

▼会場:North Sydney Oval(2 Fig Tree Lane, North Sydney)
▼日程:1月17日(木)~3月30日(土)
▼時間:開場7PM~
▼料金:大人$20、コンセッション$17、子ども(4~12歳)$12、その他チケット有り
▼Email: info@sunsetcinema.com.au
★Web: www.sunsetcinema.com.au/north-sydney

 

ART

アート・バトル
Art Battle®

Art Battle®
Art Battle®

アート・バトルとは、20分間で各アーティストがキャンバスに作品を描き上げ、観客の投票によって勝者を決めるライブ・ペイント・イベントだ。同イベントは、アメリカ、イギリス、イタリア、日本などの約50都市で開催されている。当日はシドニーで活動するローカルのアーティストたちが1枚のキャンバスを前にしのぎを削る。ライブで作品が出来上がっていく過程や会場の熱気を感じてみてはどうだろうか。

▼会場:Factory Theatre(105 Victoria Rd., Marrickville)
▼日時:1月25日(金)7PM~
▼料金:$20
★Web: www.artbattle.com/events/ab1719-sydney-january-25-2019

デザイニング・ブライト・フューチャーズ
Designing Bright Futures

©Hannah Goddard, ©COTA
©Hannah Goddard, ©COTA

アート・ギャラリー「オーストラリア・デザイン・センター」とNSW大学「Art & Design」学部の提携による同学部卒業生12人による作品展示会が開催される。今年で3年目を迎え、アーティストたちがテーマに掲げる気候変動やごみの最少化、高齢化社会などさまざまな切り口で、ジュエリーやテキスタイル、グラフィックスなどを駆使した作品が展示される。新進気鋭のアーティストが社会に問いかける作品たちを観に足を運んでみては。

▼会場:Australian Design Centre(101/113-115 William St., Darlinghurst)
▼日時:開催中~1月23日(水)
▼時間:火~土11AM~4PM
▼料金:無料
▼Tel: (02)9361-4555
▼Email: hello@australiandesigncentre.com
★Web: www.australiandesigncentre.com/designing-bright-futures

 

SORTS

シドニー・モーニング・ヘラルド「コール・クラシック」
The Sydney Morning Herald Cole Classic


ランニング・イベント「サン・ラン」の翌日に開催される水泳大会。シドニー北部のシェリー・ビーチからスタートし、1キロ、2キロ、5キロのいずれかのコースを泳ぎ、マンリー・ビーチでゴールする。それぞれの参加距離に合わせた事前トレーニングも受けることができ、海での水泳に不安がある人には参加をお勧めしたい。「コール・クラシック」と「サン・ラン」、どちらもエントリーの締め切りはイベント前日の午後5時までとなっている。

▼スタート地点:Shelly Beach, Manly
▼日時:2月3日(日)7:45AM~(5キロ・スタート)
▼料金:【1キロ】大人$45~55、子ども(9~15歳)$30~40、【2キロ】大人$55~65、子ども(13~15歳)$4 0~50、【5キロ】大人$75~85、他チケット有り
▼Email: sunrun.coleclassic@fairfaxmedia.com.au
★Web: www.sunruncoleclassic.com.au

シドニー・モーニング・ヘラルド「サン・ラン」
The Sydney Morning Herald Sun Run


シドニー・モーニング・ヘラルド紙が主催する毎年恒例のチャリティー・ランニング・イベント。シドニー北部にあるディー・ワイ・ビーチからマンリー・ビーチまでのビーチ沿いを走るコースで、7キロと10キロから選ぶことができる。参加料金は申込時期によって変動するので公式ウェブサイトを要チェック。また、翌日の水泳大会「コール・クラシック」とセットになったお得なパッケージ・チケットも販売されている。

▼スタート地点:Dee Why Beach, Manly
▼日時:2月2日(土)6:45AM~(10キロ・スタート)
▼料金:【7キロ】大人$40~50、子ども(5~15歳)$30~40、【10キロ】大人$50~60、子ども(5~15歳)$40~50
▼Email: sunrun.coleclassic@fairfaxmedia.com.au
★Web: www.sunruncoleclassic.com.au

 

THEATRE

イン・ザ・ハイツ
In the Heights

©Grant Leslie
©Grant Leslie

同作は、作曲家・リン=マニュエル・ミランダが主演・作詞・作曲を務め、トニー賞作品賞を含む4部門受賞したブロードウェイ・ミュージカルだ。ニューヨーク・ブルックリン北西部にある移民が多く住む街ワシントン・ハイツで生活する人びとが、家族や仲間たちと共にたくましく懸命に生きる様子をラップやサルサ、ヒップホップなどラテンのリズムで陽気に演じ歌い上げる。元気なエネルギーに満ち溢れた同作をぜひ一度劇場で。

▼会場:Sydney Opera House(Bennelong Point, Sydney)
▼日程:1月16日(水)~20日(日)
▼時間:水~金7PM~、土・日2PM~/7PM~
▼料金:$49~109
▼Tel: 1300-856-876
▼Email: mail@sydneyfestival.org.au
★Web: www.sydneyfestival.org.au/events/in-the-heights

マツダ・オペラ・イン・ザ・ドメイン
Mazda Opera in the Domain

©Opera Australia, ©Ben Symons
©Opera Australia, ©Ben Symons

オペラ・オーストラリアが贈る毎年1月の恒例イベントであり、本場のオーケストラとオペラを無料で鑑賞できるイベント「オペラ・イン・ザ・ドメイン」。芝生の上に座ってピクニック気分でオペラを楽しむことができる。ピクニック・ラグやポータブル・チェアの持ち込みが可能だが、ポータブル・チェアは高さ20センチまでの物と決められているのでご注意を。食べ物や飲み物の持ち込みも可能。家族や友達を誘って、上質な音楽を聞きに行こう。

▼会場:The Domain(Art Gallery Rd., Sydney)
▼日時:1月19日(土)8PM~
▼料金:無料
▼Tel: (02)9318-8200
▼Email: ticketing@opera.org.au
★Web: www.opera.org.au/sydney/opera-in-the-domain

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る