チョコでくるんだマシュマロ

グルメ
韓国産の「チョコ・パイ」は、少し大きな箱に入っ
て12個入り

日豪プレスおやつ隊長ヨーコの
おやつ大好き♪

 

第23回
チョコでくるんだマシュマロ

 

ふわふわなマシュマロの食感って、たまらないですよね。特に、マシュマロとチョコレートの組み合わせって、何であんなに美味しいんでしょう。ロッキー・ロード系のおやつも大好きで、サーティワン・アイスに行ってはロッキー・ロード、ダレル・リー・チョコへ行ってはロックリー・ロードを思わず買ってしまいます。今回はそんなマシュマロ&チョコのおやつの中でも、ちょっと変わり種を集めてみました。

まず1つ目は、韓国からやってきた「チョコ・パイ」。ファンの人も多いのでは?日本にいたころは韓国のおやつなんて食べたことなかったという人が多いと思いますが、なぜかオーストラリアに来ると、オーストラリアに全く関係のない韓国おやつの洗礼を受けるものです。日本食が手に入るお店や売り場では、韓国の食材が隣に並んでいることが多いです。

中でもこのオリオン社の「チョコ・パイ」は、私が韓国食材店へ行くと買わずにはいられないものの1つ。日本のチョコパイとは違い、中身がクリームではなくマシュマロなので、最初はちょっと違和感があったのですが、今ではすっかり大好物になってしまいました。よく考えてみたら、これって日本の「エンゼル・パイ」ですよね。


中身がピンクのマシュマロ・バージョンの「ロイヤルズ」

そして2つ目。こちらはオーストラリアのスーパーでどこでも売っている「ロイヤルズ」。オーストラリアおやつ界の定番、アーノッツ社の製品です。白いマシュマロとビスケットをダーク・チョコでコーティングしたバージョンと、ピンクのマシュマロとビスケット、ジャムの薄い層をミルク・チョコでコーティングしたものがあります。頭にちょこんととんがりがあって、なんだかとってもカワイイこのおやつ。ホーム・パーティーで、食事前にちょっとつまめるお菓子のお皿を1つ用意する時にも重宝します。

 


 

■ヨーコ
オーストラリアに来て何より嬉しいのは、モーニング・ティー&アフタヌーン・ティーと、1日に2回もおやつの時間があること。上品な和菓子も、ひたすら甘いオージー・スイーツも、すべて大好物。あなたの 周りの美味しいおやつネタ投稿募集中!
oyatsu@yokolance.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る