幸せワイン・ガイド@オーストラリア「今月の銘醸地:タスマニアその2」

幸せワイン・ガイド@オーストラリア

今月の銘醸地:タスマニア その2

ホバートにある異色のワイン・バー

今回もご紹介するタスマニアのホバートは、古い石造りの建物が並ぶ、素朴で小さな港町です。

シドニーの喧騒から離れ、ゆったりと時間の流れるのんびりとした田舎町、それこそがホバートの魅力だと感じました。ではあるのですが、そんな街並みに1軒だけ明らかに周囲とは違う、「異色な」雰囲気を放つバーがあります。白とグレー、クリスタルで統一された洗練されたインテリア。天井からは、大きな氷塊を思わせる、モダンなクリスタルのペンダント・ライトが下がっています。「都会」の香りを放つそのお店は、シドニーやメルボルンの大都市によくありそうなホバートらしからぬワイン・バーでした。

実はここ、ワイン産業のスーパー・カップル、ナヴ・シングとルイーズ・ラッドマン夫妻が、ホバートにオープンしたワイナリー「ドメイン・シーマ(Domaine Simha)」のセラー・ドア兼ワイン&ダイニング・バーなのです。お店の名前は「インスティテュート・ポラリー(Institute Polaire)」。少し敷居が高い? と思わせるエレガントなインテリアとは裏腹に、1歩足を踏み入れると、そこには2人の作り上げた、温かで居心地の良い空間が広がっています。

ワイン業界のスーパー・カップル

ホバートの街で異色の雰囲気を放つワイン・バー「インスティテュート・ポラリー」の店内
ホバートの街で異色の雰囲気を放つワイン・バー「インスティテュート・ポラリー」の店内

ナヴはインド出身、最初はオーストラリアにビジネスを学びに来た学生でした。アデレード大学でビジネスを学び、その後ホスピタリティーを専攻したことをきっかけに、ソムリエ、ワイン・バイヤーとしてワインの世界へ本格的に飛び込みます。その後オーストラリアはもちろんのこと、更にブルゴーニュ、ボルドーの一流シャトーでワイン造りの修行を積んだ実績を持ちます。

ルイーズもまた、オーストラリア国内外でソムリエ、コンサルタント、ワイン・ショーのジャッジ、ワインやライフスタイル雑誌の編集、ライター、ワイン講師など、実に幅広く活躍している実業家です。

「アヴァンギャルドなワイン造り」

ドメイン・シーマのオーナーでありワイン業界のスーパー・カップル、ナヴ(上)とルイーズ(下)
ドメイン・シーマのオーナーでありワイン業界のスーパー・カップル、ナヴ(上)とルイーズ(下)

ドメイン・シーマの「シーマ」とは、サンスクリット語で「ライオン」を意味します。「アヴァンギャルドなアプローチ」と称される彼らのワイン造りは、1つのワインにつき2~3樽程度とごくごく小規模生産です。タスマニアの冷涼気候を生かした自然派ワインで、月の満ち欠けのサイクルに合わせて「果実の日」「花の日」に収穫し、野生酵母での発酵、伝統的なバスケットプレスを使用。熟成は樽かアンフォラと呼ばれる卵型のセラミックで行います。更に無清澄(むせいちょう)、無濾過(むろか)で自然なバランスに仕上げられています。

プレミアム・ジン「シュッド・ポラリー」

彼らはワインの他に、プレミアム・ジンの生産者としても知られています。ルイーズが中心となって作るカラフルなジン「シュッド・ポラリー(Sud Polaire)」。1種類につきわずか1,000本という限定品で、各ボトルに番号が打ってあります。優しいサーモン・ピンク色のものはピノ・ノワールを熟成した樽で造られており、鮮やかな黄色のジンは、タスマニア産のサフランを加えたものです。そして、淡いゴールドのものは古いフレンチ・オークの樽で熟成されています。バーでは、ドライかつ色鮮やかなこれらのジンを使ったカクテルも楽しめます。

華々しい経歴にもかかわらず、ごく自然体の2人の、温かなホスピタリティーを感じることができます。彼らの造るワインもジンも、自然かつ洗練され優しく、まさに彼らそのものを体現したようです。ホバートを次に訪れる際には、必ずまた立ち寄りたい場所となりました。

*今月のお薦めワイン*
新鋭ワイナリー、ドメイン・シーマより

お気に入りの本と共に

Domaine Simha Lotus Amphora Riesling 2016/$65
パルミジャーノ、コンテなどのハード・チーズと

好きな人とのアペリティフとして

Domaine Simha Sanskrit Rose 2016/$55
上質のお漬物、オリーブなどと

特別な和食ディナーの日に

Domaine Simha Chenin Blanc 2014/$55
ハマチや甘エビの刺身、カルパッチョなどと


フロスト結子
日本人としての合格者はまだ少ないワインの国際資格WSET® Diplomain Wine & Spirits及び日本酒のAdvanced Certificateを取得。日本でワイン関連商社の貿易業務に携わった後、2009年オーストラリア人の夫との結婚を機にシドニーへ移住。現在はオーストラリア国内大手オークション会社であるGraysOnlineのワイン部門でアシスタント・ワイン・バイヤーとして勤務する傍ら、フリーランスとしてライティング、ワイン関連の翻訳、市場調査などで精力的に活動中。ワインのコメントは「とにかくおいしそうに書く」がモットー。
Web: auswines.blog.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る