ミランダが実践、キレイの秘訣12

ミランダ・カー シドニー凱旋記念

ミランダ・カーの美の秘密に迫る
編集・構成=編集部・髙根沢麻美

5月16日、シドニーのハイド・パークに美し過ぎる女性、シドニー出身スーパー・モデルのミランダ・カー(1983年4月20日生まれ31歳)が現れた。現在、世界で最も愛されるモデルとも言われるほどの人気を誇る彼女は、高校卒業後ニューヨークへ移り、2006年にメイベリン・ニューヨークのモデルに抜擢。同年オーストラリア人モデルとして初めて、アメリカの下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のモデルに起用された。10年にイギリス人俳優のオーランド・ブルームと結婚し、11年に第1子となるフリン君を出産したが13年に離婚を発表した。

16日は、英国食器ブランド「ロイヤル・アルバート」とミランダのコラボレーション・コレクション発売のためのプロモーション・イベントがファンを集め、盛大に行われた。セクシーなスタイルとキュートな顔立ち、そして優しい人柄も人気を集め、日本でも数々のブランド・ミューズやTVCMに起用されるなど、その注目は飛ぶ鳥を落とす勢いだ。海を越えアジア人からも根強い人気を集めているのは抜群のプロポーションにも関わらず、どこか真似できそうな身近な要素を感じるからかもしれない。

ミランダ自身だけでなく、彼女が日ごろから行っている美容法や習慣なども注目されている。シドニー出身の彼女の美容アイテムにはオーストラリアでは習慣的に使用されているものなど、この国ならではの美容法もある。ミランダの来豪を記念して、彼女に少しでも近づいて美しくなりたい人のために、“ミランダの美の秘訣”を収集した。オーストラリアでできる美容法でミランダのようにな美しさを目指そう。

 

 

 

ミランダ・ビューティー図鑑

ミランダ・カーが日ごろから行っている美容法を紹介する。シドニー出身というだけあり、オーストラリアならではの美容法も取り入れているので、日本ではなかなか手に入りにくいものや高価なものが現地価格でお得にそろうのも嬉しい。これで奇跡の美女、ミランダ・カーに近付けるかも。

*ACO認証については、5月号またはこちらを参照。

コスメ

自身がプロデュースしたコスメ「Kora Organics」を愛用している。5月20日にはゲスト・スピーカーとしてシドニー・シティのデビッド・ジョーンズで行われたイベントに登場した。すべての製品はオーストラリアで生産され、ノニやローズヒップなどナチュラルでオーガニックな成分を贅沢に使用しているのが特徴。

ノニ・ジュース

14歳の時から飲んでいるというノニの果実を用いたジュース。南太平洋地域でよく育つノニはハーブの女王と呼ばれているほど栄養価が高い。優れた抗酸化物質などが多く含まれ、免疫力の向上など、美容と健康の強い味方なのだそう。

オリーブ・オイル

週に1度、オリーブ・オイルとレモン汁を混ぜたものを髪全体になじませてトリートメントをしているそう。ビタミンEとCを吸収できるのでダメージを受けた髪に最も効果的だという。オーストラリアでは上質なオリーブ・オイルが手ごろな価格で豊富にそろうのも良い。

緑茶+生姜

コーヒーの代わりとして、緑茶に生姜スライスを入れたものを飲んでいるそう。コーヒーは刺激が強いのでこの方がリラックスできるのだとか。脂肪燃焼効果の高いカテキンを含む緑茶と、血行を促進し冷え対策にも良い生姜の最強の組み合わせ。

 りんご酢(アップル・サイダー・ビネガー)

ミランダはヘア・コンディショナーとしてりんご酢を使用。りんごの果汁を酵母発酵させアルコールにし、それをまた発酵させ、酢酸にしたものがアップル・サイダー・ビネガー(りんご酢)だ。シャンプーの残留物を除去し、髪のキューティクルを引き締め、うるおいを閉じ込める。

プロバイオティクス

プロバイオティクスを含む食品は、免疫機能や消化機能を高める大きな助けとなるので積極的に摂取しているという。ACO認証*取得のオーストラリア・ブランド「マイエッセンス」のインライベンもその1つで、13種類の善玉菌、2種類の酵母菌などを配合したスーパーフードとして知られる。ジュースなどに混ぜて手軽に取り入れられるのが嬉しい。

グリーン・スムージー

オーガニックの野菜や果物を使って自作のグリーン・スムージーを作り、毎日欠かさず飲んでいるそう。ACO認証*のオーストラリア・ブランド「マイエッセンス」のディープ・グリーンは藻類、野菜、葉類など11種をパウダーにしたものなので、手間をかけずに賢く取り入れるのにお薦めだ。

ココナッツ・オイル

新陳代謝を活性化し、キメ細かい肌を作ると言われているココナッツ・オイル。料理用としても保湿剤の代わりとしても使える万能アイテムで、ミランダは毎日大さじ4杯を摂取するようにしているそう。日本でも大流行中のココナッツ・オイルはオーストラリアでは定番のアイテムで、スーパーなどで手軽に購入可能だ。

アロマ・オイル

ナチュラルな香りが好きなので、香水の代わりにサンダルウッド(白檀)とバラをミックスしたエッセンシャル・オイルをつけているのだそう。同ブレンドはシドニーのセント・レナーズにあるアロマ・スクール、「マーヴォ・アロマ・スクール」でオーダーできる。

 

ヨガ、ピラティス

スポーツを積極的に行い、特にヨガやピラティスは10年以上続けていて妊娠中も行っていたそう。ヨガやピラティス、クラシック・バレエの要素を取り入れたエクササイズ「バレー・ボディ」も注目だ。シドニーのボンダイ・ジャンクションやサリー・ヒルズでレッスンを受けられる。

オーガニック

家族にも良い食品を取り入れてほしいと、買い物はオーガニック・マーケットを利用。80%はオーガニック食品などを選ぶようにしているそう。シドニーのロゼールやボンダイ・ジャンクション、キャメレーにある「aboutlife(アバウトライフ)」はさまざまなオーガニック・アイテムをそろえているので要チェックだ。

アーモンド・ひまわりの種

良質な脂肪を摂取するため、ミランダはアーモンドやマカデミアナッツ、ひまわりの種などを食べているそう。そこで、お薦めなのがLSAミックス。亜麻の種(Lin Seed)、ひまわりの種(Sunflore Seed)、アーモンド(Almond)を粉末状にしミックスされたものだ。国内のスーパーで手軽に買え、ヨーグルトやジュースに混ぜると食べやすい。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る