犬だってヘア・スタイルがある

中から外から美肌・美髪つくり ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第61回 犬だってヘア・スタイルがある

この世の中にはそれこそ、いろいろなヘア・スタイルが存在します。ショート、ロング、パーマ・ヘア、ストレート。ボブにマッシュ、モードにルーズなど挙げれば際限がありません。

それぞれのヘア・スタイルにおいて、作ってみて出来上がったもの、伸びてしまって自然にできたスタイルなどがあり、またその年ごとで流行のヘア・スタイルはさまざまです。

そして、ヘア・スタイルは人だけに限ったものではないんですよね。

犬や猫にもヘア・スタイルがあります。毛を整えてあげることでスタイルはできますが、元々動物の体毛は皮膚を保護するためにあります。上毛は、主としてダメージから体を守る長くて粗い毛で、下毛は防水・防寒の役割を果たします。柔らかい毛でできている「ダブル・コート」や下毛がないため寒さに弱い「シングル・コート」といった毛の形態があります。

私が以前飼っていた犬は、背が高く毛も長いアフガン・ハウンドです。放っておくとどんどん長くなって頭の毛、髪も真ん中に分け目がついたロング・レイヤー・カットになっていきます。色も自然なハイライトが入って……。度々、犬のヘア・カットをしながら髪型の勉強をしていたものです。しかし、自然に出来上がる美しさは個性そのもので気品がありました。誰にもまねはできません。

動物を飼っている人は分かるかと思いますが、毛を放置しておくとボサボサになります。しかし、体を守るために毛流れもできているし、きっと外でずっと生活するとしたら、サマー・カットなんて絶対ダメでしょうね。

オーストラリアでは、坊主にする男性もいますが、この強い日差しですから、坊主は肌には悪いでしょうね。一度、自分の自然なヘア・スタイルが体にどういった役割を果たしているのかを考えてみるのも面白いかもしれませんね。


美容師 ユキヒロ
Mu Hairdressing Annerley Salon
東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: muhd.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com 件名:髪への質問

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る