【PR】インソールと靴で変わる体の健康 Ninjapo

慢性的な痛みや体調不良は靴が原因?

インソールと靴で変わる体の健康


冨永琢也(とみながたくや)
プロフィル◎ニンジャポ・シュー・フィット&インソールズ代表。保健医療学博士(専門は生体力学と予防医学)。Foot Care Trainer(Aライセンス)。日本で8年間理学療法士としてリハビリの仕事に従事した後、運動のプロとして予防医学の重要性を説くことで、広く社会へ貢献したいと考え一家で渡豪。子どもから高齢者、スポーツ選手などに、自分の足にフィットした靴を履くことの大切さを伝えている。これまで500足以上のインソールを作製。

今履いている靴は、あなたに合ってますか?

長時間の立ち仕事をしていると足の疲れが気になったり、年齢と共にひざが痛むことがある。薬やマッサージを施したり、病院に行ってもなかなか良くならないなどの経験はないだろうか。もしかすると、その原因は「靴」にあるかもしれない。


理学療法士としての経験を活かし、子どもから大人まで幅広くパーソナル・トレーニングも実地
理学療法士としての経験を活かし、子どもから大人まで幅広くパーソナル・トレーニングも実地

歩いたり運動をしている時、人体は常に地面からの衝撃を受け続ける。1歩だけでも大きな力が加わるが、歩いていると体重の約3倍、走ると約7倍もの力がひざに加わる。この力が正しい方向で伝われば良いが、誤った方向から伝わると負担が大きくなり、やがて体に悪影響を与えることになる。

そのため地面と足の間にある靴は、体重を支え、力を伝え、衝撃を吸収するなどの重要な役目を担っている。もし自分の足に合っていない靴を履き続けると、体のさまざまな部分に不調が発生したり、体調不良、慢性的な痛みの原因になってしまう。長年ひざの痛みなどに悩む年配の人だけでなく、足の疲れが抜けない人は、靴が自分の足に合っているかを考えてみよう。

また、これは子どもにとっても、重要な問題だ。子どもの足は軟骨で構成されており、18歳までに徐々に成人の骨へと形成されていく。しかし、この期間に足に合っていない靴を履くことで、成長が阻害されたり、将来何らかの問題を引き起こす可能性が懸念されている。

インソール作製に掛ける思い

足に合わず型崩れを起こした靴。あなたは大丈夫だろうか
足に合わず型崩れを起こした靴。あなたは大丈夫だろうか
インソールに使われている特殊素材の「人工筋肉」は、医療現場でも使用
インソールに使われている特殊素材の「人工筋肉」は、医療現場でも使用

こうした健康面の問題を予防・改善する方法として注目されているのがインソール(中敷き)だ。日本において、インソールを作製する理学療法士は多くいるが、そのほとんどが病院に勤務し、医師からの指示を受けて初めてこれらを作製することになる。しかしさまざまな制約があり、予防医学的な見地からの作製は進んでいないのが現状だという。

日本の病院で理学療法士として勤務していた冨永さんは、病院の中だけでなく、もっと多くの人に自分の足に合った靴を履いてもらい、健康に生活して欲しいと考えていた。また研究者としての活動だけでなく、直接社会に貢献するにはどうすれば良いのかと考え、妻と子を連れてオーストラリアへ渡った。日本が持つ高い水準の素材や作製技術を、健康問題や代替医療、スポーツ医療に先進的に取り組んでいるオーストラリアへ紹介し、広めて行きたいのだという。

現在、高齢者や、足の不調を訴える人へ向けて、足の計測やインソールの作製を行っている。インソールは、医療現場でも用いられる特殊素材「人工筋肉」を使用。足の形に合わせて1ミリ単位で調整しながら作製する。その他、歩き方の特徴や足の計測データを元に靴選びに同行したり、靴を調整する活動も行っている。「自分の子どもの靴選びで、改めて子どもの足に合った靴の大切さを感じました。多くの人にお子さんの健やかな成長のため、靴の重要性をきちんと考えて頂きたいです」と冨永さんは話す。

プロ・ゴルファーからも得ている高い信頼

独自のコーチング理論で人気の板橋プロも絶賛している
独自のコーチング理論で人気の
板橋プロも絶賛している
クロス・ゴルフ・アカデミーの伊東プロも信頼を寄せる
クロス・ゴルフ・アカデミーの
伊東プロも信頼を寄せる

自分の足に合ったインソールや靴は、子どもや高齢者の健康面だけでなく、スポーツ、特にゴルフをする時のプレーにも効果を発揮する。ゴルフは正確に同じ動作を繰り返すため、靴が合っていることが極めて重要になる。

ニンジャポではバンドールにあるゴルフ・ゼロと協力し、その場でスイングのチェックなどを行いながら、それぞれ個人の特性に合わせてインソールを作製している。その実力は、ゴールドコーストで活躍しているレッスン・プロの板橋繁プロや、伊東大佑プロ、アンソニー・ニューウェイ・プロらからも高い信頼を得ている。また、彼らの教え子たちのシューズを多く手掛けていることからも信頼を集めていることがうかがえる。

ぜひこの機会に、自分の足に今の靴がフィットしているかどうかを見直し、自身に合った靴の重要性とそれが及ぼす健康面について考えてみてはいかがだろうか。

米国ツアーでプレーしたアンソニー・プロのインソールを担当
米国ツアーでプレーしたアンソニー・プロのインソールを担当
ゴルフ・ゼロの渡邉さんと協力し、数多くのインソールを作製
ゴルフ・ゼロの渡邉さんと協力し、数多くのインソールを作製

ニンジャポ・シュー・フィット&インソールズ
■住所:107 Upton St., Bundall
■予約受付: www.ninjapo-shoefit-and-insoles.com
■問い合わせ: ninjapo.s.i@gmail.com


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る