ママのためのヨガ「シッダアーサナ(達人座)」

ママのためのヨガ

ほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

シッダアーサナ(達人座)

リラックス、心が目覚め機敏な状態になる、ひざや足首を柔軟にする、腰(ようつい)椎周辺と腹部の血行を促進する、脊椎下部及び腹部内臓の調子を整える、ホルモンと神経のバランスを整えて強化する、などの効果がある。

シッダアーサナ、日本語で達人座と呼ばれ、アーサナ(ヨガのポーズ)の中で最も大切なのはシッダアーサナであるとまで言われています。瞑想に最適なこのポーズを安定してできるようになるために、あらゆるポーズで体を緩め、鍛えます。それほど基本であり、奥の深いポーズです。
 このポーズは簡単そうで意外に維持するのが大変です。体が緩んでいない人は足を組むこと自体が難しかったり、筋力がない人は背中が丸まっていったりするなど体中に反応が出てきます。その1つひとつが今の自分の体の状態だと言えますね。
 まず、ダンダーサナ(足を伸ばした座位のポーズ)で座ります。左ひざを曲げてかかとが体の中心に来るよう引き寄せます。足の裏は右の内ももに付けます。更に右足を折ってかかとを会陰(えいん)部辺りに置き、足裏の外側のヘリは左脚のふくらはぎに添わせます。
 あごをやや引き、背骨と頸椎(けいつい)が一直線になるようにし、目は閉じるか鼻先を見るように。手は足の上に自然に置くか、親指と人差し指を付けてチンムドラーを作り、手のひらを上にして置きます。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

シッダアーサナはいきなりするより、あらゆるポーズで股関節や骨盤などをしっかり緩ませてから行うのが望ましいでしょう。腹筋や背筋を鍛えるポーズもこなしておくと姿勢を真っすぐに維持する助けになります。軽減の方法は幾つかありますが、股関節が硬く足を組むと痛みが走ったり、ひざが床から浮き過ぎる人は、足を重ねずに前後に置いてみましょう。また、浮いたひざの下にタオルやブロックなどを置くと負担が軽減されます。
 背中を伸ばすことができず体が丸まってしまう人は、お尻の下に折ったタオルなどで高さを付けてみましょう。お尻の位置が上がることによって真っすぐな姿勢を保ちやすくなります。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

腰痛防止運動
 以前、腰痛防止に腰を鍛える予防運動はないか? と調べて以来、私のお気に入りで、効果のあると思われるポーズです。まず、仰向けに寝てひざを立てます。足はぴったり付けた状態に。ひざを少しずつ開いていくと足の裏同士が付くので、その状態のままお尻を上に上げていきます。全ての力が腰の辺りに集まるのが感じられると思います。そこでしばらく呼吸を送ってあげます。

ヨガにまつわるお話
「しわの原因」

近日、久々に顔ヨガのクラスを開催することになり、そのために復習をしていた内容をシェアしたいと思います。顔で一番多い悩みの1つ、しわ。そもそも顔にしわができるのはどうしてだと思いますか? 加齢や乾燥などが思い当たるのではないでしょうか? 実は、しわは皮膚に問題があるわけではなく、皮膚の基底筋(きていきん)と筋肉をつないでる筋膜網(きんまくもう)にあります。
 ある特殊な実験の結果、足の甲側から顔全体に筋膜がつながっているのが確認されたそうです。しわやたるみは、この筋膜の成分不足やねじれがあり、顔の側部でバランスが崩れることが原因。このねじれは「同じ使い方しかしない」「動かさないことである部分が固まってきてしまう」などが考えられます。筋膜の特徴はわずかな力でも遠い所にその力が伝わり、その部位の張力に変化を与えます。例えば、目元のしわは胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)周辺の筋膜に問題があり、神経、血液、リンパの循環をせき止めてしまうことで起こります。
 顔の張りの状態は、体の前側のどこからでも影響を受けるのです。ということは、顔だけ一生懸命高級美容液を塗ったところで、この筋膜に問題があったら根本は解決しません。つまり、他力本願に走り自分の体の持つ力をないがしろにし、体を全く動かさずでは本当の美は手に入らないということです。顔のしわやたるみが気になる人はまず、「クリームを買い求める!」ではなく、「一体どうしてこうなったのか?」と自分の生活を見直す機会にして頂ければと思います。


ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web:earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る