ママのためのヨガ「パリガアーサナ(閂のポーズ)」

ママのためのヨガ

ほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

パリガアーサナ(閂(かんぬき)のポーズ)

体側(たいそく)のラインを奇麗にする、腰痛や坐骨(ざこつ)神経痛など関節痛の痛みの改善、股関節の柔軟性を高める、背骨を整える、体幹の強化、二の腕を引き締める、ウエストを引き締めるなどの効果がある。

股関節の柔軟と背骨の調節に役立つと言われる閂のポーズ(パリガアーサナ)。戸をしっかりと閉める時に使う横木をかんぬきと言い、「パリガ」とはこのかんぬきを指す言葉です。横にバランスを取ることが由来したと言われています。
 体の側面にはリンパが流れているので、体側を伸ばすと体全体に血液が流れたような爽快感があります。個人的には、腰回りの詰まりが取れる感じが体側伸ばしの好きな感覚です。
 体側は日常生活ではあまり自然に伸びる箇所ではないので、意識して伸ばす必要があります(それだけ詰まっている可能性が高い箇所だとも言えます)。
 このポーズは難易度がそれほど高くないですし、体幹を整える効果やウエスト周りを引き締める効果もあるので、初心者の人もぜひ挑戦してみてください。
 まず、ひざ立ちになります。両手を腰に当てて骨盤を左右同じ高さにそろえます。次に右足を横に伸ばします。この時マットに着いてるひざが痛くなる人は、ひざの下にタオルなどを敷くと痛みが緩和されポーズを取りやすいです。
 息を吸いながら左手を上げ(耳の横辺りに)、息を吐きながら状態を右側に倒します(左手の手の平は下に向けてる)。この時、可能な人は上の手を見るようにします。また、上げた手の位置が体より前になると体が丸まってくるので、頭の上にあるよう意識しましょう。
 目線は上の手を見るようにして息を吸う時にたっぷり呼吸を送り胸を広げるようにし、吐く時に少しずつ状態を伸ばした足の方に倒していきます。
 数回呼吸を繰り返し体側が十分に緩んで伸びたのを感じたら、息を吸いながら状態をゆっくり起こし、吐きながら上の手を下ろします。反対も同じようにやってみましょう。

<体側を伸ばす効果>
 エネルギーが上がり、肝臓、胆嚢(たんのう)系の気の流れが良くなる。お腹や腰回りの胴体が伸びるので内臓がゆっくりと動ける。背骨の腰の部分が伸びるため、腰痛改善に役立つ。腹筋と背筋がバランス良く働くようになる。腰痛や肩凝りの改善や予防をすることが可能。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

首の詰まり取り運動
 首や肩の凝りや詰まりを普段の生活で感じている人は多いのではないでしょうか。タオルを使って詰まりを取り、血流を良くしましょう。まずタオルを首の後ろ、骨のへこみのある所に引っ掛けます。次にタオルの端を斜め上に引っ張りながら軽く顔を斜め上に向けます。数回深い呼吸をしたら顔を戻します。骨の詰まりが取れ、血行が良くなるのが分かると思います。

ヨガにまつわるお話
「全ては気の流れ」

2018年は皆様にとってどのような1年間だったでしょうか?私は実に学びの多い年となりました。シンギング・ボウルというサウンド・セラピーを始め、人のエネルギーに直接働き掛けるという体験をたくさんさせて頂き、更にエネルギーやそれが私たちに与える影響について考える機会が増えました。
 医師であり気功の師でもある矢山利彦氏によると、病気だけでなく難病でさえも気の乱れや低下から起きると言及しています。同氏は気功を患者さんに指導したりして病気の回復に役立てているそうですが、気を流す時の必須条件に背骨(背中)の柔軟性があるそうです。
 しっかりと気を流すには、ゆがみのない柔軟でかつ強靭(きょうじん)な脊椎(せきつい)を作ることが大切だということ。この部分が固まっているとどうしてもそこで気が流れなくなるそうです。
 やはり、外の気や思考だけでなく人間は体を整えることが健康、健全な体を保つための最低条件なのだと実感しました。何だか疲れがずっと抜けない……。そうした感覚がある人は気の流れが低下している証拠です。せっかくマインド設定や環境を変えたりしてみても、新たな良い気を取り入れる道筋が自分の中になければ努力は半減します。背中を前後左右、斜めに緩めて変化を感じてみましょう。
 また、この1年はケアンズ、タスマニアなど大地の偉大な力を感じる場に行けたことで、大地のエネルギーを感じ、取り入れることの大切さも実感しました。皆様も1年の最後にぜひ良いエネルギーの場に出掛けてみてくださいね。それでは良いお年を!


ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web:earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る