回復が早い人の3つの特徴

”フィジオセラピストに聞こう!体の痛み改善法”

▶▶▶フィジオセラピストは、筋肉や関節の痛みや機能障害、神経系機能障害や呼吸器系疾患などの治療やリハビリを行う専門家で、必要に応じてMRIや専門医を紹介し、包括的な治療を行っている。さまざまな体の機能を知り尽くした奥谷先生に、体の痛みの原因や改善法について聞いてみよう!

第48回  回復が早い人の3つの特徴

今回は、私が今まで数万人の患者を診察してきて確信した、回復が早い人やめでたく全快する人たちに共通した3つの特徴をご紹介します。

1. 早期に治療を開始している
2.『 必ず治る、必ず治す』と信じ、決断している
3. 良くなるまで継続している

1. 早期に治療を開始している
 ケガの発症直後に正しい診断をすることにより、その後の回復スピードが劇的に変わります。ケガの直後にすべきこと、すべきではないことを的確に知り実行することで、ケガの部位や周辺組織への負担が軽減し、全快までの道のりが早まります。肩こりや首の痛みなど、徐々に疲れがたまりいつの間にか痛くなる症状では、痛みや不具合を自覚したらすぐに治療を開始することが特に大事になります。これらは、長い期間をかけてさまざまな要因がそろった上で発症しているのです。主な原因となる姿勢の改善や関連部分の筋トレを早めに開始することで、さらなる悪化を防ぐことができます。我慢することで脳が痛みに慣れると、次の痛みのステージに入り、どんどん悪化していきます。一般的に、回復には痛みを我慢した2倍の時間がかかる、と言われています。何か慢性の症状がある人は、今日から回復への一歩を踏み出しましょう!

2.『必ず治る、必ず治す』と信じ、決断している
 診断を受けて治療法が分かったら、後はひたすら良くなると自身の治癒力を信じ、リハビリに集中しましょう。また、処方された運動療法は自宅できちんと行うことが大切です。回復過程で痛みがぶり返すことがありますが、不安なことや分からないことは納得できるまで専門家に聞き、密にコミニュケーションを取ることで自分の中にある不安をコントロールしましょう。

3. 良くなるまで継続している
 治療の目標は回復段階に応じて変化します。第1に、痛みなどの症状を改善する。次に、再発の防止。最終的にはパフォーマンスの向上(特にスポーツの場合)を目指す、という流れになります。特に再発しない程度まで身体を改善させることは、その後の人生の質を高めることにつながります。

身体はあなた自身のものです。取り替えは利きませんが、信じて治療に専念し、努力を重ねればきっとあなたの思いに応えてくれるでしょう。信頼できる治療者と一緒に全快するまでがんばりましょう。


奥谷匡弘(おくたに・ただひろ)

シドニー大学理学療法学科卒業後、西オーストラリア大学で理学療法修士号取得。ダーリングハーストのセント・ヴィンセント病院で5年間勤務し、プライベート・クリニックでは財界の著名人などの治療に多く携わる。オーストラリア・フィジオセラピー協会公認筋骨格系理学療法士。
www.metrophysiotherapy.com.au

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る