乳腺炎のケアについて

BreastFeeding

BreastFeeding

乳腺炎のケアについて

今回は、乳腺炎についてお話しします。

乳腺炎は乳腺が何らかの理由で炎症を起こしたり、母乳が乳腺内に溜まってその周りの組織に炎症を引き起こしている状態を言います。

乳腺炎の初期の症状は感冒症状に似ていて、震え、高熱、関節痛などです。そして、それがやがて乳汁のうっ滞を伴った乳房痛となり、赤く腫れ上がります。また、炎症に沿って赤い筋のようなものができている場合もあります。

この炎症をどのようにケアしていけばいいのでしょうか。乳腺炎は初期の手当てが非常に大切です。最も重要なことは、できる限り授乳と搾乳で、停滞した母乳を外に出すことです。症状のある方の乳房から授乳を始めて、いつもより頻回に授乳をしましょう。以下にケアのポイントを挙げます。

 

1. ワイヤーの入ってない緩いブラジャーを使用しましょう。またはブラジャーを外しましょう。

 

2. 授乳時の体位を工夫しましょう。ポジションを変えると乳汁の流れが良くなることがあります。例えば、右側に硬結がある時は左側臥位で授乳したり、乳首の下辺りに硬結がある時は乳房を持ち上げるようにして授乳を行うと、流れが良くなったりします。また、四つん這いでの授乳も効果がある場合があります。

 

3. 軽い乳房マッサージをしましょう。硬結部の後ろ辺りから、乳頭方向に手のひらで優しくマッサージしてみましょう。

 

4. 搾乳をしましょう。暖かいシャワーや暖かいタオルで乳房を暖め、催乳を促進させておいて搾乳をしましょう。そして、搾乳や授乳が終わった後にわきの下を中心に冷やすと腫れや痛みが和らぎます。

 

BreastFeeding

5. 休息を取りましょう。乳腺炎の起こる原因の1つにストレスや過労が挙げられます。ストレスや過労が続いた場合、体内の免疫性が下がり炎症にかかりやすいと言われています。休息を十分取り、体力の回復を行うことは、乳腺炎のケアには非常に重要なことなのです。

繰り返しますが、乳腺炎は初期の手当てが重要です。症状が出始めたらすぐに以上のことを試してください。また、高熱があったり症状がひどい場合、または症状が軽くても12時間以上症状が続く時は、医師や専門家のアドバイスを受けましょう。


働くママの妊娠・出産・育児奮闘記

スケッティーノ潤子
(すけってぃーのじゅんこ)

プロフィル◎ウロンゴン病院勤務助産師。日本の公立病院で助産師として20年間勤務後、2005年に来豪。国際認定ラクテーション・コンサルタントIBCLC(母乳育児のスペシャリスト)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る