親子で作ろう「スイカのフルーツ・ポンチ」レシピ

親子で作ろう!元気が出る食卓

夏にぴったり!
「スイカのフルーツ・ポンチ」

今回は、簡単かつ豪華に見えるデザ-トをご紹介します。くり抜いたスイカの皮の部分を器として使用するフルーツ・ポンチは、これから何かとパ-ティーが多いクリスマス・シ-ズンにぴったりです。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。
 今回のメイン食材であるスイカやメロンはウリ科に属し、夏が旬です。ほかにもキュウリ、冬瓜、ゴ-ヤ、カボチャ、ズッキ-ニが同じ科に属し、旬の時期は栄養価がぐんと上がり、美味しい季節を迎えます。

◆ウリ科の栄養
 ウリ科の野菜と果物に共通していることは、水分量とカリウムが多いことです。カリウムは体の水分や塩分バランスを整えてくれます。しかし水溶性ミネラルのため、汗や尿とともに体外に排出されやすく、汗を多くかく夏場にはカリウムが失われやすくなるほか、体のミネラル・バランスも崩れがちになります。朝食にスイカをジュ-スにしたり、ズッキ-ニの細切りと卵でオムレツを作るなどするとこれらの野菜が多く摂れます。

◆スイカの美味しい切り方
 スイカは中心部分が一番甘いので、甘みを均等に行き渡らせるために、スイカの中心から放射状に切り分けるのが、美味しい切り方です。まずは、スイカを横半分に切ります。これをさらに半分に切り、4分の1の大きさにしたら、スイカのちょうど真ん中から放射状に切り分けていきます。全員が真ん中の部分を食べられるように意識して切ると、甘い部分を平等に切り分けることができますよ。

「スイカのフルーツ・ポンチ」レシピ

材料

スイカ 半分
メロン、キウイ・フルーツ、イチゴ、パパイヤ、マンゴーなど季節の果物 適量
白玉粉 約50グラム
子ども用のシャンパン/サイダー 1本
※果物はお好きなものを組み合わせて使ってください。

作り方


① スイカを半分に切ります。写真のようなくり抜きスプ-ンで、スイカ、メロンを丸くくり抜きます。イチゴ、キウイ・フルーツなどくり抜けない果物は、適当な大きさに切ります(あまり小さくなり過ぎないようにしましょう)。

② スイカの残りは、大きめのスプ-ンでかき出し(取り分けておきスイカ・ジュ-スにすると美味しいです)、中をきれいに整えます。包丁で、スイカの縁をギザギザに切りましょう。

③ 切った果物はこのスイカ容器に入れ、ラップをかけて冷蔵庫で冷しておきます。

④ 白玉を作ります。白玉粉に水を少しずつ加えていき、耳たぶぐらいの固さに練ります。これをちぎって丸め、熱湯で茹でます(※冷やして食べるので、少し柔らかめに茹でる方が良いでしょう)。

⑤ 冷ました白玉を冷蔵庫で冷した果物をスイカの器に入れ、子ども用のシャンパンまたはサイダ-を注いだら完成です。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクター。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催。2015年最初の子どもホリデー・プログラムは「母の日スペシャル!」。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2015年の大人クラスは、各国、地方の食事を紹介、●ギリシャ料理、●アフリカ料理、●沖縄料理など、豪州で簡単に手に入る食材を使って、日本人好みのレシピを紹介する。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る