親子で作ろう!お節料理に挑戦「ナッツ入りごまめ」

親子で作ろう!元気が出る食卓

お節料理に挑戦「ナッツ入りごまめ」

今年もお正月がやってきました。クリスマスが過ぎると、世の中の話題は一気に「お節料理」になるのですが、真夏のオーストラリアは、いかんせん、なかなかお雑煮を味わう気分にはなりません。しかし、それはただ気候の問題だけではなく、時代の流れでもあり、日本でも1月1日にお節料理を食べない人は年々増えているそうです。また、手作りから購入へとトレンドも流れているようです。

以下に、日本の某雑誌出版社が590人を対象に行ったアンケート結果を抜粋して記してみました。

「お節料理を購入する」と回答した人は56%。これは「購入しない人」を上回っています。購入する主な理由は「自宅では作れないような品目が魅力」(74%)「華やかで高級感がある」(50%)「自宅まで届けてもらえて便利」(39%)。また、お節料理を購入したい場所は「通販・ネット注文」に対するニーズが急上昇しており、デパートが抜かれる日もそう遠くはなさそうです。今後の要望として「有名シェフ、料理人によるお節料理」(45.9%)「少人数用」(37.3%)「和洋中組み合わせ」(32.7%)「一人一重」(29.8%)「オードブル付き」(26.9%)があり、目新しいものや、少人数に対応をしたものが求められる傾向にあるようです。

私は子どもたちに、この伝統の味を覚えておいて欲しいとの思いと、私自身、お節料理を作る事が1年の締めくくりのような気がして、毎年何かしらは用意しています。今回は、お節料理には欠かせない、「ごまめ・田作り」をご紹介します。今回はごまの替わりにナッツ類を混ぜました。お節料理に限らず、普段のお子さんのスナックやお父さんのビールのおつまみにもなります。片口いわしの稚魚は丸ごと食べられますから、カルシウム補給にも良いですね。簡単ですのでこのお正月中にぜひ挑戦してみてください。

「ナッツ入りごまめ」のレシピ

材料 1TBS=20ml、1tsp=5ml

片口いわしの稚魚はざるで粉をふるい分けると良い
片口いわしの稚魚はざるで粉をふるい分けると良い
ごまめ 50g
ナッツ類(くるみ、ア-モンドなど)
*ざくざくと刻んでおきます。
40g

【味付け】

砂糖 3tsp
はちみつ/ゴールデン・シロップ 3tsp
醤油 3tsp
1TBS

作り方

  1. キッチン・ペーパーにごまめの半量を重ならないように広げ、電子レンジ500wで1分加熱します。取り出して上下をひっくり返し、さらに1分加熱します。ごまめがポキッと折れるようなら大丈夫です。
  2. フライパンに調味料を加えて中火にかけ、煮立って泡立ってきたらごまめを入れます。へらで全体に絡めたら、ナッツを加えて混ぜます。オーブン・ペーパーに広げて乾かします。
重ならないように広げる
重ならないように広げる
②では調味料が泡立つのを待つ
②では調味料が泡立つのを待つ

才川須美(さいかわすみ)
管理栄養士&食育インストラクター。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催(毎回、ウェイティング・リストが出る人気のクラス。お申し込みはお早めに)。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2018年の大人クラスは、◇1日30食品摂れる和食献立、◇点心(肉饅、シュウマイ、ショウロンポウ他)、◇秋の魚料理など、豪州の食材を使った和食を中心に紹介する。
Web: www.sumiskitchen.comwww.facebook.com/sumiskitchen.sydney

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る