親子で作ろう「おにぎらず」レシピ

ランチに人気の「おにぎらず」

今、日本で流行っている “おにぎらず”をご存知ですか? おにぎらずとは、その言葉の通り、握らないで作るおにぎりのような軽食。コンセプトはおにぎりなのですが、見た目は、ご飯をパンの代わりにして作ったサンドイッチといったところでしょうか。インターネットの写真投稿サイトなどでもその可愛らしさを紹介する人が増えているようで、ファンが急増中です。

“おにぎらず”が人気の理由

●おにぎりよりも食べやすい! ご飯がぼろぼろと落ちにくく散らからない。

●梅干しや昆布など単品具材だけではなく、いろいろなおかずを中に挟むことができ、ボリュ-ム、栄養価ともにアップ。
●包んでから半分に切ることで、中の具材が見え、お弁当が華やかになる。
●手を汚さずに作れる。
●簡単なので、子どもたちにも作れる。

作り方は、海苔の真ん中にご飯と具を乗せ、海苔を折り畳み、半分に切ってでき上がりです。具材は、好きなものを何でも入れてOKなので自由な発想で、彩りも考えながら選びたいですね。

秋も深まり、紅葉狩りやピクニックにとても良い季節になりました。天気の良い週末はお子さんと一緒に“おにぎらず”に挑戦して、ランチを持ってお出かけしましょう。

おにぎらずレシピ

材料

1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml
ご飯(海苔1枚につきお茶碗1杯)、巻き寿司用の海苔(21x19センチ)、お好きな具材

 

用意するもの
まな板、包丁

 

具材の例
◎厚切りハム(スパムなど)、薄焼き卵、レタス
◎豚カツ、やわらか卵、紅しょうが
◎鮭のそぼろ、卵のそぼろ、、紅生姜
◎ドライ・カレ-、ゆで卵、味付けグリ-ン・ピ-ス
◎鮭の塩焼き、しょうゆ麹、レタス
◎豚のしょうが焼き、千切りキャベツ、マスタ-ド
◎鶏の照り焼き、レタス、マヨネ-ズ

作り方

① 乾いたまな板の上に海苔を、表面を下にして置く。

② ごはん(お茶碗1/2杯分)、お好みの具材、ごはん(お茶碗1/2杯分)の順に乗せる。ご飯、具材を乗せる度に、軽く押し付けて平らにするのがポイント。

③ 海苔の四隅を内側に包み、ひっくり返してしばらく置く。

④ 海苔がご飯となじんだのを確認したら、半分に切ってでき上がり。ご飯が包丁に付いて切りにくくなるのを防ぐために、切る前または1回切るごとに、濡らしたキッチン・ペーパーなどで刃を拭くのがお勧めです。

 

※おかず系の具材を入れる“おにぎらず”は、普通のおにぎりと比べると傷みが早いこともあるので、長時間持ち歩く際は保冷剤を一緒に入れるなど、お弁当と同じように考えると良いでしょう。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクター。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催。2015年最初の子どもホリデー・プログラムは「母の日スペシャル!」。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
2015年の大人クラスは、各国、地方の食事を紹介、●ギリシャ料理、●アフリカ料理、●沖縄料理など、豪州で簡単に手に入る食材を使って、日本人好みのレシピを紹介する。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る