「法事」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『週末は法事があるの』って言ってたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第53回

What is Hōji?
法事って何?

Aussie: Where does she need to go on the weekend?

You: 法事 (hōji) is a Buddhist memorial service, usually held on the anniversary of a person’s death. There are many types of services though (and the customary rituals differ between regions and among sects) so 法事 is a broad term which covers all the different types of these commemorative days.

A: What are some of these memorial services?

Y: Well, I’m no expert so I’ll just go over the basics. Services usually begin with 忌日法要 (kinichi hōyō), which is observed every 7th day since the person’s death. This is done 7 times, and at the end on day 49 since the person’s passing, another special day called 四十九日 (shijūkunichi) is observed.

A: What’s so special about this day?

Y: When 四十九日 arrives, it is also said to be the day of 忌明け (imiake), where the ‘mourning period’ ends, and the family and loved ones of the deceased can return to their daily routines. The reason it is 49 days is because in Buddhist teachings, that’s the amount of days it takes for the deceased ‘soul’ to reincarnate / transmigrate to give life to another ‘soul’.

A: I see. This is all very new to me, so I hope I’m not being rude by asking; but are there certain things you can’t do during this period of mourning?

Y: Oh it’s totally fine for you to ask questions – that’s how we learn. Usually, before at least the 一周忌 (isshūki), or the first anniversary of the person’s death, celebrating New Years is quite frowned upon. Of course, it is different from family to family, but visiting shrines / temples during the first year is also considered to be a taboo.

A: Oh, right. But what if there are clashes? Say, you’re still in the mourning period, but you have to attend a wedding at a shrine?

Y: The good thing is that Japan has no strict rules or laws regarding this kind of matter, so it’s all up to the individual.

説明する時のポイント

 まず、法事というのは、亡くなった人の冥福を祈り、供養をするための行事のことだと教えてあげよう。キリスト教徒やイスラム教徒と違って、日常生活で仏教の行事を行う日本人はほとんどいないのだが、法事だけは行うという人が多いということも付け加えておこう。仏教の教えによると、人は亡くなってから49日目に成仏することになっているので、亡くなった日から7日目、14日目という風に7日ごとに遺族だけで供養し、49日目に忌明けと呼ばれる親族、友人、知人を招いての供養を行うことが普通だと説明しておこう。更に、亡くなってから1年目(一周忌)、2年目(三回忌)、6年目(七回忌)というように年忌法要を行い、32年目の三十三回忌を弔い上げとして、法事を終えることになる、と補足しておこう。

【単語・成句】
memorial service 追悼の行事
anniversary of ~ 〜記念日/年忌日   
customary rituals 慣習的な儀式/しきたり 
go over the basics 基本的なことだけかいつまんで言う 
(is) observed (儀式などを)挙行する/執り行う
person’s passing 死去/逝去
mourning period 服喪期間
Buddhist teachings 仏教の教義
reincarnate 輪廻転生する/生まれ変わる
transmigrate (魂が)転生する
all (very) new to me 全て初耳
being rude 失礼に当たる
that’s how we learn そうやって学んでいくのだから
(is) frowned upon 眉をひそめる/顔をしかめる 
what if (there are) clashes かち合ったらどうする
Say, 例えば
The good thing is that ~ 〜だから大丈夫(なのだ)
no strict rules or laws  厳格な決まりや規則がない

【会話文で使える表現】
“it’s all up to ~”「全ては〜次第」という意味のことを伝える表現。“all” を使わずに、“it’s up to ~” だけでも「(それは)〜次第」という意味で使える。

例① “I’ve got two job offers and I don’t know which one to take.” “Well, it’s all up to you. No one can decide for you.”「2カ所から採用通知が来て、どちらにするか迷ってるんだ」「全ては君次第だよ。誰も君の代わりに決めることはできないよ」

例② “It’s getting late. Shall we dine out or shall I cook tonight?” “It’s up to you. I’m easy.”「もう遅いから今夜は外食にする、それとも私が作ろうか」「任せるよ。僕はどっちでもいいよ」

例③ “It’s up to us whether or not we can retain the current system.” “Yeah, that’s right!.”「この体制を維持できるかどうかは、我々次第だ」「そうだ、その通り!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る